Puchiko's Challenge! ~崖っぷちからの快進撃‼~

40代、バツイチ、子持ち、失業を持ち前根性で乗り越えるブログ

結局泣き寝入り⁈ ~人の口座を勝手に作るって違法⁈~

広告

Puchikoです。

 

f:id:Puchiko:20180718050819p:plain

 

結婚してから20年以上経って、証券会社での私名義の口座を勝手に開設されていた事を知ったPuchikoです。

今迄も色々とやらかして、のらりくらりとされてきたけれど、離婚してもなお、そんな事に振り回されないといけないのか‼ 昔だったらとりあえず、その状況を打破することだけ考えていたと思うのですが、離婚してから2年以上経つと、「なんで未だにあんな人に振り回されなくてはいけないのか!」と怒りがこみあげてしまう今日この頃。
もう、他人なんだし、これって訴える事、できるんじゃない?

勝手に口座を開設するのって犯罪じゃない?

…謎の口座の存在を知って、最初は背筋が凍りました。

だって、株で財産失くした人の話って聞くし、知らない間に、自分がそんなリスクを負っていたのかもしれないと思ったから。

でも、今は、そんな状況になりそうな状況を作った元・旦那への怒りが収まらず…。

 

そもそも、勝手に人の口座って開設して良いの?

 

そう思って、ちょっと調べてみました。

 

まず、「他人 銀行 口座 開設」で調べてみると、それなりの数のその手の質問が質問サイトから出て来ました。

…親が勝手に口座を作って、借金…とか。

…妻が、夫が…とか。

 

…結構そういうの、あるあるなの?

 

その中の答えは、私文書偽造や詐欺等の犯罪になりえる…とありました。

f:id:Puchiko:20190802231526p:plain

…やっぱり犯罪なんじゃん!

 

くっそー、許せん!

 

悪は滅びるのだ、正義が勝たないといけないのだ!

…なんだか余計モヤモヤしてきます。

 

これって訴えられないの?ずっと泣き寝入りのままで良いの?

何か手立てがないかしら…。もうこれ以上我慢出来ない!

 

…ということで相談してみた。

泣き寝入りだけはしたくない!の一心で、何か出来ないか、相談場所を探しました。

…弁護士?

…離婚カウンセラー?

それともそれとも…。

 

とにかく何かしたくて仕方がなかった私。

…かと言って、どうして良いのか分からない。

 

とりあえず、法テラスの電話相談に電話してみました。

www.houterasu.or.jp

 今のこの状態で、私は何が出来るのか、相手を訴える事が出来るのか…。

頭の中がごちゃごちゃしていて何から手を付けていいのか分からないけれど、とりあえず…という感じで掛けてしまったサポートダイアル

 

f:id:Puchiko:20170523050635p:plain

担当弁護士の人が電話に出て、相談内容を伝えました。

「あの、元・旦那が20年程前に開設していた私名義の証券会社の口座が見つかって、5年位、勝手に運用していたみたいで、その口座が今でもまだ存在しているようなんですけれど…。」

…わたわたしながら話し始める私。

「今、お金はどんな感じですか?」

「ほとんど入っていないようです…。」

「それで、Puchikoさんは、相手をどうしたいとお考えですか?」

…それ、それなぁ…。

 

ただどうにかしたいと思っただけで、何も考えてなかったよ…💦

 

「私はただ…、もうこれ以上、私の家族を壊さないで欲しいだけなんです…。」

 

…ポロポロポロポロ涙がこぼれてきました。

 

今迄大変で、ずっと大変で…。

でも、家族を幸せにしたいってずっと思ってた。

 

それを、いつもガラガラと音を立てながら壊されてきた。

 

…積み上げては壊され、積み上げては壊され…。

 

もう、壊されたくないんです。家族3人でただただ平穏に暮らしたいんです。

これ以上、問題は起こされたくないんです…。

 

「Puchikoさんの気持ちは良く分かりますし、正直、相手の方は悪質だったと思います。他に口座等はございませんでしたか?まず、他に被害がないか一度確認した方が良いと思います。…というのは、そういう類の人は、他にも作っている可能性が高いからです。 それで、目立った被害がなければ、とりあえず訴えても無駄です。そこでどうして欲しいかという事、大抵は賠償金やら何やら…という話になるのですが、金銭的な被害がなければいくら悪い事をしたからと言っても始める事が出来ないのですよ…。

気持ちは本当、分かります。ご苦労をされてきたのも分かります。でも、これって、良い・悪いの問題じゃないんです。警察じゃないから、それだけじゃ何も動けないんですよ…。」

 

…そうなんだよな。

うん、分かってた…。

 

10分ちょっとの会話だったけど、ただ、「この人は悪い人だ!」って誰かに言いたかったのかな…ってその会話の中で自分の本当の気持ちが分かった気がしました。

 

今迄のイライラは、悲しみは、悔しさは…必ずしも正義が勝つわけじゃなくて、どんなに理不尽でも起きてしまった事を淡々と受け止めなくてはいけないという事で…。

そして、どんな事があっても前に進まないといけないという事で…。

 

分かってるんだよ、分かっているんだけど…。

 

最近、ちょっと生活が安定してきて幸せだったんです。

それが、こういう事が起きて、また振り出しに戻らないといけないのか…って思うと怖くて怖くて…。それならいっその事、相手をつぶしてしまいたい!って思う訳で…。

 

でも…。

 

Puchiko、落ち着けよ…。

 

もう、戦いは終わっているんだよ、だって相手から連絡来ないもん。

新しい伴侶見つけて、良いマンション住んでよろしくやってるから関係ないんだって。

 

…大丈夫。

もう大丈夫な…筈。

 

恐れなくても、きっと大丈夫。

きっと、本当は、怒りじゃなくて、恐怖だったんだろうな…って。

話しながらそんな気がしました。

 

…乗り越えてきたんだもん、きっと大丈夫。

…電話の後、ちょっと脱力感を覚えながらボーっと座っていました。

 

そしたら、ピンポンと玄関のベルが鳴って、ドアを開けたら、ママ友が沢山のジュースとゼリーを持ってきてくれました。

「あのね、職場で沢山貰ったの!お裾分けしようと思って、今日は会社から飛んで帰ってきちゃった!」

 

…そうなんだよなぁ。

 

旦那には恵まれなかったけど、その他の人間関係には物凄く恵まれているPuchikoです。

どん底になった時に、必ず誰かが手を差し伸べてくれる。

 

どん底だ…って思っても、実は着地したら、皆が布団を用意してくれていて、落ちた所はふわふわで…。

 

何だかんだいって助けられてきたじゃないか…。

恐れる事はないんだよ、自分。

 

…そろそろ自分らしく生きても良いんじゃないかい?

 

ただいま、参加中!よろしかったら押してください。

離婚ランキング

 

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村