Puchiko's Challenge! ~崖っぷちからの快進撃‼~

40代、バツイチ、子持ち、失業を持ち前根性で乗り越えるブログ

ぶれなきゃ人生何とかなる! ~働き方改革~

広告

Puchikoです。

f:id:Puchiko:20190610215420p:plain

何も考えず、ただ会社が嫌だという事で派遣の契約の更新をストップしてしまったPuchikoですが、それと同時に、在宅のお仕事の紹介を受けました。とりあえず、受ける事ができるか、募集をしているか再度確認をする、と知り合い。なかなか返事が来ません。大丈夫なの?一応、他の仕事も受けてみた方が良くない?とりあえず、毎日寝ないで、自分に合いそうな仕事を探していきます。そして片っ端から受けていく私。

来月までに仕事がないと、生活が大変になるのに、受けては速攻落ちてしまうの繰り返し。紹介してくれるという仕事は本当に受ける事が出来るの?そして受かるの?落ちたら他の仕事が見つかるかしら…。不安で不安でたまりません。あー、決断、早まったかなぁ…。

腐らず、焦らず、諦めず…。

やはり40も後半になると、なかなか難しいようです。

「あ、これって私に合ってるんじゃない?」と思う仕事でも、次の日には「総合的な判断により、ご希望に添えない結果となりました…。」とのお祈りメールを頂く始末。

…うーん、おかしい。何故だ。

応募資格は十分にクリアしている筈なのに…。

…多分、これって年齢なんでしょうかね…。そりゃそうですよ、おばさんと若いお姉ちゃん、どっちが良いかって言ったら若い方がいいに決まってる。だって、若かったら覚えも早いだろうし、フットワークだって軽い。上司になる人だって、年上(かもしれない)部下を使うよりも年下の若造の方が使いやすいだろうしね…。

それとも…転職回数? すっごく気難しくてすぐ辞めちゃう人だと思われてる?

いや、そんな事ないんだって!

ちゃんと頑張る事、出来ますから~★

 

受けては落ち、受けては落ちの繰り返し。面接までも見事み漕ぎつくことが出来ません。

 

あー、やばいやばいやばい…。

 

そして、紹介と言われていた仕事の返事がなかなか来ない…。

 

やばいやばいやばいやばいやばいやばい…。

 

f:id:Puchiko:20190610222934p:plain

もうね、後悔の嵐ですよ、私。

あー、きっと我儘だったんだ、これって。

多少さ、上司が不倫しているからって見て見ぬふりして淡々としてれば良かっただけなのよ。同僚が仕事中も構わず愚痴をこぼしてこようが無視していれば良かったのよ…。

仕事がなくってもさ、適当に呆けていれば安定収入入るじゃん!

これで生活出来なくなったらどうするんだ、私…。

 

いやいやいやいや…。

 

頭の中で後悔やら、焦りやら不安やらがグルグル渦巻きます。

でもさ、でも…。おみくじは良かったんだもん、きっと大丈夫、大丈夫…。
なんだか頼りないものを励みにしながらとりあえず平常心を保とうとする私。

大丈夫かなぁ…。どうしよう…。

そんな時にやっと面接の連絡が来ました。

 

やっちまったか…私。

基本、リモートワークなので、面接もスカイプ経由で行いました。

その日は木曜日で会社を午前半休にしてもらい、パソコンの前で待機する私。

…なんだか今時だなぁ…。 なんか不思議な気持ちでウェブカメラをチェックする私。

時間が来て、スカイプが鳴りました。

 

面接の女の人は淡々とした感じの印象。

簡単に仕事の説明をした後、私の長所と短所、そして志望動機などを質問しました。

まず私の長所…。

どんな時でも諦めない事。責任感がある事(だってどんな事があっても、子どもを育てようと必死だもん!)それから海外生活を通じて、自立心と順応性を養われた事。

そして短所…。

(天然で抜けてる所…といったら、絶対に落ちるよね…^^;と思いつつ)責任感から仕事を抱え込んでしまう癖がある事…とだけにしておきました。

 

そして志望動機に関しては、英語にこだわって、色々な業種に挑戦してきたので、それを継続したいと思った事、そして永く勤められる所が良い事、それから、在宅ワークを通じて柔軟な仕事スタイルを追求したかった事…なんかをあげてみて…。

 

そしたら、面接の女性が一言、

「この仕事、ゼロではないですが、そこまで英語は使いませんよ?それでもいいですか?」と。

…あ。 これ、御法度の回答だったか…と慌てる私。でも、とりあえず「でもそれが一番ではないので…。」とフォローしてみたりするがこれが吉と出るか、凶と出るか…。

 

…そんな感じで30分位話をして、「それでは、本国と相談して、もしもう一度必要があったら本国のボスとの面接をしてもらいます…。」と言われて終了。

 

終わった後、思わずヘナヘナとその場に座り込んでしまいました。

 

…大丈夫だったのか、私。

なんか上手くかみ合わなかったか、私…。

 

面接を終えて「ああ言えば良かった」「こう言えば良かった…。」と反省するも時既に遅し…。

 

不安を残したまま週末に突入しました。

 

週が明けて動き出す…。

…そして先週の月曜日。

派遣会社から、面接の連絡が来ました。応募した案件が引っかかったそうです。

これはPuchikoさんが得意そうな案件ですよ、是非面接してみてくださいと好感触!

英語も多用する、興味のある教育関係の仕事。

いいじゃん、いいじゃん?

 

スカイプ面接の結果も気になるけれど、とりあえずこちらも気になるので、そのまま面接の予約を入れる事にしました。

 

派遣会社の面接はその週の金曜日の予定。 この時点では、まだ先週受けたスカイプ面接の結果は出ていません。 …まぁ、もしスカイプ面接が受かってなくてもさー、次があるさー…、大丈夫、大丈夫…。と自らを励ましとりあえず平常心を保とうとする私。今までだって何とかなったんだもん、今度もきっと大丈夫。ダメだったらダメな時に考えれば良いから。また受ければ良いから…。大丈夫、大丈夫…。

おまじないのように「大丈夫」を唱える一週間…。

 

そして、水曜日。

 

スカイプ面接の返事がきました。

「本国が、面接の必要はないとの事なので、私の一存であなたを採用します。おめでとうございます。一緒に働くのを楽しみにしています…。」

 

…あ、受かった…。

f:id:Puchiko:20190610232152p:plain

 

他の会社は不採用続きだったけど、友達の紹介に助けられました。

しかも在宅での仕事。

…通勤の時間が省けます。

家にいて、子ども達が帰ってきた時に「お帰り」が言えます。

それから、副業にももう少し力を入れる事が出来ます…。

 

結果、オーライだったじゃん?

諦めないで良かった。

腐らないで良かった。

挫けないで良かった…。 

 

落ちる、落ちる…と思っていたけれど、決断した結果、予想だにしなかった最高のエンディングが待っていました!

 

…やっぱり決めて良かったじゃん、私(って結構お調子者ねw)

 

運が良い人

…何だかんだいって、私、運が良いんだと思います。

だって、何度もピンチに陥るんだけど、必ず何とかなるから。

人生のふり幅、半端ないけど、でもちゃんと行くところには行って、必ず結果オーライになるんだから不思議。

 

平々凡々とはかけ離れているかもしれないけれど、安定性には欠けるけど、でも、色んな感情を味わいながら腐らず挫けず諦めずに行けば、そこには必ず道があるんだな…と痛感した私。

 

…ってこれで失敗したら? 例えば、この会社がとんでもない会社だったら?

 

いやいや、そうだったら受けて立ちましょう!

大丈夫、大丈夫。

どうにかなるなる!

 

ただいま、参加中!よろしかったら押してください。

離婚ランキング

 

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村