Puchiko's Challenge! ~崖っぷちからの快進撃‼~

40代、バツイチ、子持ち、失業を持ち前根性で乗り越えるブログ

とりあえず進みます… ~仕事が日本になければ海外で探せば良い~

広告

Puchikoです。

f:id:Puchiko:20190605214947p:plain

とりあえず、会社を辞めると決意はしてみました。

でも、正直不安です。

これで仕事が無かったらどうしようとか、

今度の仕事もこんなだったらどうしようとか、

この先何回転職しないといけないんだろう…とか

不安は色々あります。

この判断、本当に正しかったの? 決意したのは良いけど、悩みに悩みました…。

仕事をするという意味は…。

私にとっての仕事って、今迄生活するだけのものでしかなかったんです。

安定的に収入を得るための物。…そうは言っても、正社員ではないし、継続して続けられる「柱」だけは一本決めようと思った。それで私にとって、とりあえずの武器になるのは英語であって、その部分だけはずっと使える仕事にしようとそこだけはこだわって、後は出来るだけ子ども達に影響のない時間帯、場所…というのを最優先して、自分に無理のない所で仕事をしてきたつもり。その作戦が功を奏したのか、今の所、業種を跨ぎはするものの仕事を失くしても途切れることなく仕事を見つけては転職出来ていて、それがうまい具合に「経験」「スキル」として評価されているというミラクルが起きてきた訳で。

そういう意味では、今回の所は本当に完璧な所で、外資系の会社で英語は(ちょこっとだけど)使う事が出来るし、私が知らない分野の会社だし、専門知識を深めることが出来る会社だった…と思いました。家からの距離も程よい近さで、時間帯も全然無理がない。良い会社に巡り合えたと思ったんです、きちんと仕事をすることが出来れば。

 

でも、その「仕事」がほとんどなかった。毎日どうやって呆ければ良いか考えなくてはいけないような会社でした。(私にとっては。)

聞いてもなかなか教えてもらえないから、とりあえず動く。指示がないけど、なるべく先回りして事をこなそうとする。だけどそれがフライングだったり的外れだったりする。周りの人も紹介されないから、誰がうちの部署なのかも分からない状態。さーどうしよう…って感じで戸惑ったのは最初の一ヶ月。

 

その間に、暇を持て余してる他の部署の女の子がお菓子をもって私の机の所に来てずっとプライベートの愚痴をこぼしてくる。無碍にも出来ないし、仕事がないのに仕事があるから…と断る事も出来ないから、「あー大変だね。」ととりあえず話半分で同調してあげる。どうせ、この暇があるのなら、副業の英語教室の準備したいなー…とか思ってみたりする毎日。…うーん、時間があるのは嬉しいけど、困ったなぁ。時間の無駄。

 

それから、開き直って副業の教材を資料風にコピーして、仕事している「風」にレッスン準備をするようになりました。…ん?これはこれで、まあまあ有効か?そう思って、それをやりながら「すいません、仕事あるんで…」って話半分で断ろうとしてみ「た」けれど、そうしたらそうしたで「え、どんな仕事なんですか~」と中を覗き込んでくる始末!「あれー、これ、仕事じゃないじゃないですか~、何やってるんですか~?」って大きな声でわめき立てられて、結局作戦失敗…みたいな感じが続き、(;´д`)トホホな気分で話に付き合う日々に逆戻り。

 

そんな彼女の更新が打ち切りになり(当然といえば当然だろうけれど)、次につながる仕事がないと大騒ぎしている顛末を見て、自分もこうなっていくのでは…という危機感が募るようになって…。

…そうだよ、派遣には3年法があるんだよ。

…3年経った後に、戦える知識やスキルってここで身に着けることが出来る?

…ここにいた後って仕事を見つけることが出来るのかな…。

 

不安ばかりが募ります。時間もたっぷりあるから余計です。

周りを見れば、そんな暇を持て余した人達が、他の人のアラを見つけては文句を言っています。それだったら、自分が動いた方が良いのに…と思うのだけど、他の人のせいにして、何も変わらない。地雷も沢山あります。

このままじゃ人間ダメになるかもしれない。その前にここを抜け出さないと…。

 

でも、この年齢で次が見つかるか…。どうしよう、どうしよう…。

 

日本で見つからなくても、世界を見渡せば仕事はある!

最初は、そんな状況を派遣会社に相談して、正直迷ってるんです~とお伝えしました。このまま続けていて、自分が堕落するのが怖い。かといって、また転職活動するのも怖い…と。派遣会社の担当は、我慢できるのであれば、このまま続けた方が、次に会社を受ける時も「この人はすぐに辞める人だ」という印象がなくて良いと思いますよ。その代わり、エクセルとか英語力とか、スキルを磨くことは怠らないでくださいね…。」と。とりあえず、その場は「そうですね~…。」って契約を更新することに同意しました。

でも、ずっとモヤモヤは残ったままです。

 

そんな事を友達に相談してみました。

そうしたら意外な言葉が…。

 

「でもさ、今の時代、働くのは日本にある会社でなくても良いじゃん?ネット経由で世界中の会社を受けることが出来るよ?」

 

…ん?

 

言ってることが最初は分かりませんでした。

世界の会社を受けるって、その国に移住するのか?

 

いやいや、そういう話ではありませんでした。

 

所謂「リモートワーク」というもので、日本にいながら、海外の会社で働くという選択肢の事です。英字新聞の求人欄とかに載ってたよ、もしよかったら、私が今働いている会社の人事に掛け合ってあげようか?との有難いお言葉!

 

彼女は、ヨーロッパの会社の日本人相手のカスタマーサービスの仕事をしています。

その会社が展開しているネットビジネスに対して、日本在住のお客様からの問い合わせを担当しているんです。日本在住のお客様だから、ヨーロッパの会社でも、仕事時間は日本時間。しかも在宅!お客様相手の時は、もちろん日本語だけど、会社の人とのコミュニケーションは英語(そんなに使わないらしいけど)…。

あれ?家にいながら仕事出来るじゃん⁈ 英語も一応使えるじゃん?

 

…願ったり叶ったり。

 

ただ、海外の会社なので、お給料の支払いはユーロだったり、保険等が付いていなかったりはしますが、定年も今の所ない…。美味しいではないか!

 

でも…。

やはり、日本で働くとはいえ、海外の会社に勤めるというのは不安です。

一応、考えさせてね…と言って、しばらく悩むことにしました。

 

やっぱり逃げ出そう!

…そんな矢先。

他の部署にいる同僚から、自分の上司が他部署の若い子と不倫をしているという話を聞きました。

ふーん。

それは、私の仕事に関係ないし、好きにしたらー、仕事に支障がなかったら、私は知らないよ…と思ってはいたのだけど、その愛人の女の子は、彼の下で働く私がとても憎いらしい…と。

…え?そんなの知らないし。

ってか、そんな話、本当だったとしても聞きたくない。(ってか、若い女の子がおばさんの私に嫉妬するってどういう事なんだ⁈)私をその渦の中に入れないでくれー!

…確かに、彼女に仕事で話しかけようとしてもつんけんされてしまう。

どーも仕事がしにくい…。

 

…ダメだ。完全に公私混同しちゃってる…^^;

 

上司は上司で、きちんとした指示を出してくれない。

そんな中、どうしても上司が外出中に連絡を取らなくてはならなくて予定をチェックする。

「…???」

予定には特に大した用事がない。

気になって、その愛人ちゃんの予定もチェックしてみる。

…休みだ。

 

…あー、ダメだ。上司も公私混同しちゃってる…。

 

これが、この会社の全てかぁ…ってその時思っちゃいました。

皆好き勝手やって、仕事しないで呆けて、でも会社は回るからのほほんと給料もらってそれが当たり前だと思ってる。

…バブルか?と思ってしまいました。

 

ダメだよ、私。これに慣れちゃ。

ダメだよ…どんどん腐って行っちゃうよ、私。

 

外国の会社に受けるのもまだ決めていない、次も決まっていない。

だけど、その前に、ダメになる前に、逃げ出さないと。

でもでも、どうなる~⁈

 

不安なので、神社に行ってお参りしました。

おみくじ引きました。

結果は「大吉」…願いが叶うまでは時間が掛かるけど、でも望み通りに事進むとありました。

 

見切り発車だけど、進まないと。

…という訳で、そのまま派遣会社に電話しました。

「ごめんなさい、契約更新したけど、それ、取り消します!契約終了にしてくださーい!」

 

…あーあ、もう後戻りできない…。

 

そして、それと同時に、友達に電話をして、ヨーロッパの会社を受けてみることにしました。

 

ただいま、参加中!よろしかったら押してください。

離婚ランキング

 

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村