Puchiko's Challenge! ~崖っぷちからの快進撃‼~

40代、バツイチ、子持ち、失業を持ち前根性で乗り越えるブログ

~派遣社員もずっと働けるんですってよ⁈~ Puchikoの就職活動

広告

Puchikoです。

f:id:Puchiko:20170601050740p:plain

複数の派遣会社から仕事の紹介を受け、職場見学に行っています。

来月の派遣のお仕事の案件は、丁度今頃から出始めるようで、現在3社から複数お仕事の紹介を受けており、仕事帰りに職場見学に行ったり、半休取って行ったり…と。

 

自分で見つけて、派遣以外の仕事も応募して、面接にも行ったりもしますが、なかなか良い求人がなく、只今苦戦中…。英語を使う仕事という以外は、別に職種や仕事内容を絞ってはいないのですが、良いと思う会社からは声をかけてもらえなかったり、行ってみたものの思っていた会社と違っていたり…。お見合いのように、なかなかいい会社を見つけるのは大変です。やっぱりこういうものも縁なのかなぁ…。

会社も色々ありまして…。

Puchikoは、自分で仕事を探して応募する以外にも、派遣会社さんからの紹介案件も検討しながら動いています。去年も色々あって、多数の会社を訪問したけれど、本当に色々な会社があるもんだなぁ…とびっくり★特に、Puchikoは業種を選んでいないので(それこそ英語のエクスパートになりたいから、英語が使えるお仕事だったら何でもいいのですよ…。)本当に色々な会社を紹介されます。

特許事務所でしょー、

外資系メーカーでしょー、

コンサルティング会社でしょー、

それからそれから…。

 

結構今の時代、色々と英語を使う機会は多少なりともあるようで、その時の要員として募集する事が多いみたいです。

 

そして、派遣会社経由じゃないと、会社側も派遣会社のフィルターがないぶん、色々な方法で面接に来た人を知ろうとするっぽいです。

…で、面接の仕方もそれぞれ。

 

例えば、こんな試験を出してみたり…。

sojin.kyoto-math.jp

英語の問題を解かせてみたり…。

 

因みに、私はこのウィイソン選択課題で、まんまと確証バイヤスの罠に引っかかってしまい、面接の時に、その事を指摘されて目から鱗だった訳ですが、こんな試験の傾向を見ているだけでも、その会社がどういう会社なのかが何となく想像ついて面白かったり…。(ってこれって面接を何社を受けている私ならでは⁈)

因みに、この会社様は、なぜこんな試験を受けさせているかというと、物事を表面でしかとらえていないか、バイヤスなしに冷静に物事を判断できる人か…という所を見たいから…と教えてくださいました。視野の広さを求めている訳ですね。

 

後、会社によっては壁とかに精神論みたいなのをドーーーーン!と掲げている所とかもあるけれど、そういう所は大抵残業時間が長いようです…。今回も、その事を聞いてみると最低でも週40時間とか…^^; 前のブラック会社も考えてみたら残業ないって言ってても結局そんな感じだったなあ…。 多分ね、そういう会社は体育会系なのかもしれませんねー。精神論で理屈を通すみたいな風潮があるような気が…する。

 

…なので、会社を選ぶ時には、なるべくすっきりとした会社、壁に変なスローガンがない会社を今回は選ぶように務めております。 余分なものがないという事は、それだけまとまっている証拠なのかもしれない…と何社も受けてみて思った印象。

 

派遣会社の仕事は、会社だけじゃなくて、その会社の担当者の対応も良く観察した方が良い!

後、派遣会社の仕事に関しては、その会社だけじゃなくて、その会社の担当者の対応も良くチェックしなくてはいけない気がします。

 

大抵、職場見学30分前位に担当者の人と待ち合わせをして、その会社の説明(もちろん紹介された時にも電話でその会社の事を教えていただくのですが、もう一度お仕事内容や会社の事を教えてくれることが多いです。)と、面接時の注意点や対策などを教えてくれるのですが、(例えば、自分の職歴の説明の仕方のアドバイスとか、受け答えのアドバイスとか…。)ここら辺の対応は本当に担当によって違います。これが結構大切で、担当者は自分と会社のパイプ役になる人だし、今後もし仕事を始めた時、何か問題があった時にも頼りにしなくてはならない人な訳です。その人の対応が雑だったりすると、会社とも揉めてしまうかもしれないし、何かの時に頼りに出来ません。

勿論、その担当者がダメダメでも会社が良ければ問題ないのかもしれませんが、一応、その派遣会社が自分の大本の雇い主になる訳だしね、万が一の時の命綱になるかもしれない人だから、なるべく丁寧な担当者の仕事場の方が良い気がします。

 

ほんと、酷い人は酷いですから…。

 

ただ、スキルシート見せて「これで間違いないですかー?」でおしまいとか。

良い担当者だと、そのスキルシートを一緒に確認しながら、「ここの会社様は○○を重視する傾向がありますので、××での経験を詳しく話すようにしましょう。」とか「ここの部分の仕事内容は、今回の仕事にあまり関係しないので、さらっと説明しましょう。」とかアドバイスくれるんですよ。そういうきめ細かい配慮が出来る人の方が…やっぱり気持ち的には安心します。

 

また、派遣会社によっては、派遣法の最長三年契約を打破すべく、三年経って、契約を延長したい人は、派遣会社の社員になるという選択肢を与えてくれることもあるという話を今回教えて頂きました。つまり、派遣会社の社員になり、そこへ出向する形をとる方法もあるという事だそうです。そうしたら、ずっと同じところで働く事も可能ということらしい。

 

…でもさ、もし万が一三年以上働いた後に契約を切られたらどうするんだろう?

その時は、その派遣会社が探した所に社員として行く事になりますよね?

こちらの選択肢が無くなるという事じゃないかしら?

また、給料面でも昇給とか賞与は派遣会社の正社員になったからってもらえる訳ではないんですよね…。そう考えると、リスクもあるにはある気がする…。

…そんな訳でちょっと調べたところ、やっぱり手放しで喜べる訳でもなさそう…。

(参考までにこちらのサイトをどうぞ…

www.haken-jimu.com

 

…で、今返事待ちが1社。

他の会社はお断りしています。

 

ここの会社で働ければ、それに越したこともないし、

そうでなければ、また紹介を受けて職場見学に行かないと…。

それの繰り返しです。

 

長いなぁ…。

今月中に決まるかなぁ…。

でも、これって一種の社会勉強の一環だと思えば、辛くない⁈

 

…面接、楽しもう。(っておぃおぃ…^^;)

とはいえ、上手く決まって欲しいなぁ…。

 

ただいま、参加中!よろしかったら押してください。

離婚ランキング

 

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村