Puchiko's Challenge! ~崖っぷちからの快進撃‼~

40代、バツイチ、子持ち、失業を持ち前根性で乗り越えるブログ

攻めは最高の守り… 平穏な人生歩みたい!

広告

Puchikoです。

f:id:Puchiko:20170428192724p:plain

ゆるゆると転職活動しています。
…今の会社が嫌という訳じゃない。

むしろ、今となっては居心地が良いし、ドライな人間関係の中にもちょこっとは他の社員と会話を楽しむ場面も出てきて、つかず離れずの状態が子どもを持ちながら仕事するには良い感じで…。

でも、そこに甘えていてはいけない気がしてなりません。

私は、死ぬまで働かないと生活できない身…となると、いつまでも求められる人間でいないといけない。そう考えた時に、この仕事が自分のキャリアアップの一つになっているのだろうか…という疑問が常に付きまとっていて…。だからまた「転職」を考えているのです。

子育て世代には派遣という働き方はとても理に適っていると思う。

派遣社員だからなのか、それともこの会社だからなのか…。

色々と優遇されているような気がします。

それこそ働き始めは、イベントなどが目白押しで残業も多かったですが、今はほぼ定時で帰れています。そこまで忙しい訳でもなく、昼ご飯も普通に食べれる環境。

ついでにコーヒーもいつでも美味しく飲む事ができる環境。

…とても贅沢な環境だな…と感じ始めた今日この頃です。

f:id:Puchiko:20170411094738p:plain

 

職場の人間関係も、つかず離れずが良い感じで。

誰かと特に仲良くする訳じゃないけれど、でも誰とも争う事もなく、平穏に毎日を過ごせる幸せ…。ただ、今迄が過酷な環境が多かったせいか、かえって不安になったりして^^; 不幸になれすぎるのもどうかな…と思ったり。

 

時間きっかりできちんと仕事をして、大手で働く経験を持てるのは派遣ならではのメリットだと考えています。大手企業での派遣だと金額も高め。正社員でなくてもそこそこの額は貰えます。下手なパートよりもよっぽど稼げると思います。それこそ、ちょっとした中小企業の給料位は稼げちゃうかも。ついでに社員と同じくイベントに参加したり、社員割引で商品を買う事が出来るし。そして、万が一、ここを辞めることがあっても派遣会社さんが次を見つけてくれます。何かあった時にもフォローしてくれます。そういう意味でもとても守られた働き方だなと思ってみたり。

正直、こうやってずっと働ければ良いな…と思ったりするんです。

でも、この働き方は不安なのだ!

私…この会社に英語を武器にして入った割には英語を使用することがほとんどありません。あるとしたら、海外支社の方とちょっとメールで連絡するくらい。基本、社員さんのアシスタントなので、雑務が多いのが現状。

 

それはそれで良いんです。ただ、ほとんどが軽作業的なものばかりで、このまま3年間、こんな風に仕事していて、次の派遣先で役立つスキルが身に付くのだろうか…。と不安になるのです。英語も使わないと忘れていきます。正直、今の仕事と給料が見合ってないのでは?と感じてしまう事も。(これは贅沢な事なのだけど…。)今まで働いてきた所よりも給料が良いのに全然楽なのは本当有難いのだけれど、これも3年で終わってしまいます。その後、こんな私を誰が求めてくれるのだろうか?一生働くという事は、一生学んでいかないといけないという事。この仕事で何かのスペシャリティになれる訳でもない、新しいスキルが身に着く訳でもない、その状態に甘んじてていいのか? かと言って、勉強する時間を別に確保して、資格を取ったりするのも時間的に難しそうだし…。

 

それに、一応3年満期とはいうものの、3か月毎の契約になります。それって、3ヶ月毎に仕事を失くす可能性があるという事。そこで毎回求められるように努力すれば良いという事でもあるけれど、でも、いつ会社の都合でクビになるのか分からないという事。

正直、私程度の人間は星の数程います。いつ誰と交代しても、誰も困らない「猫の手」要員なだけです。

 

少しでも「求められる」人材になるには?

少しでも長く働けるスキルを身につけるには?

万が一、3年ここで働けたとしても、その後にまた雇われる人間でいるためには?

 

ネガティブな理由での転職ではなく、今回はポジティブに…。

よりよい生活、ゆとりある生活を手に入れるためにもうひと頑張りしようかなともくろんでいます。

 

でも、障害が多いのよ…。

でも…。

大抵の求人は、「急募」が多く、すぐに働けないと書類選考の時点で落とされてしまいます。また、私の条件もとてもシビア…。残業がなるべく少ない職場、自宅からあまり遠くない職場、土日祝日は必ず休める職場…。英語が使える職場…。年齢が年齢なのに、結構わがままな条件です。

転職サイトからくる求人は大抵が「介護」「飲食業」「タクシー運転手」などの職業が多く、私の求めるものとは違います。

 

また、派遣故の障害も…。

契約は3ヶ月更新ですが、契約1か月後にはすぐ更新の意向を会社に伝えなくてはなりません。…となると、2ヶ月前には会社に更新するかどうかを決めないといけないということ。(派遣会社は、その意向を持って、会社側と交渉するそうです。)反対に、次の会社はその期間迄就職を待ってくれるかと言ったら必ずしもそうでもなく、そこら辺のミスマッチへのすり合わせも苦労の一つ。 今、慢性的な人手不足だから、すぐに人が欲しいんだよね…。そうなると、早く働ける人優先だから、どうしても難しくなっちゃう。

 

後、案外多いのは、会社側からの返事が全然来ない事。

履歴書送っても、書類が通ったのかどうかの連絡をしてくれないところが結構多い。

…なんだよ★ それって失礼じゃん!

と思いながらも、こればかりは仕方がない。ってか、そういう会社はろくな会社でない筈だから、こちらから願い下げ。ここら辺は、職があるとないとじゃ大違いだね。結構強気で勝負出来る。 

 

派遣社員と転職活動、平行して活動中。

昨日、派遣会社の方の訪問があり、10月以降の継続の意向の確認がありました。

今は7月終わりで、契約は9月末まで。ここで返事をしないといけないのかもしれないのだけど…。正直に派遣会社さんに現状をお伝えして、返事を待ってもらう事にしました。

担当者の方も、私の気持ちをよく理解してくださって、「確かに英語という武器を持っていながらその環境はもったいないかもしれませんね…。」って。給料的にも環境的にも問題ないのかもしれないけれど、でも長期的に考えたらここじゃないのかな…って。ずっと働ける訳じゃないしね。

 

この会社も、私が入った当時と雰囲気がだいぶ変わりました。入社時点にいた部署の方が半分に減り、新しい人が入り、無くなった業務、増えた業務…。なんかちょっと違う会社に来た感じです。

外資系ってみんなこうなのかな?人の入れ替わりが激しい気がします。

悪い会社じゃないけれど、業務形態がこうコロコロ変わるとやっぱりちょっと不安★

仕事を失す訳にはいかないんでね…。生活かかってるんでね…。

 

責めこそ最高の防御なり。

平凡な生活をする為には、優雅に水面を泳ぐためには、水面下で随分足をばたつかせないといけないもんだな…^^; 軸を揺るがせないためにも、自分の「体幹力」が必要。

 

今回、ダメでも、9月末は、派遣法前に派遣社員になって3年以上働いている人達が派遣法抵触日となり、一気に仕事を変える必要性が出てくるらしいです。その9月末と12月末は結構派遣の仕事も多く出る時。他での派遣先も含めてギリギリまであがいてみようかな?

 

ただいま、参加中!よろしかったら押してください。

離婚ランキング

 

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村