Puchiko's Challenge! ~崖っぷちからの快進撃‼~

40代、バツイチ、子持ち、失業を持ち前根性で乗り越えるブログ

「S」との闘い…PuchikoブログのSSL化

広告

 

 

Puchikoです。

  

f:id:Puchiko:20180701090313p:plain

 

はてなブログがやっとSSL化に対応するようになりました。

そうすると、今迄のブログも必然的にSSL化にカスタマイズする必要があります。

最近は、あまり更新が出来ていないPuchikoですが、それでも250記事近くあります。これをどう直していけば良いのか…。 ずっと途方に暮れながらもなんとか全てを更新することが出来ました。

 

そこで、今回、まだSSL化を行っていない人の為に、PuchikoのSSL化を完了するまでの過程を振り返ってみたいと思います。

たかが「S」、されど「S」…。

そのそもSSLって何でしょう?列車の親戚? なんかSが多いイメージです…。
これって、Secure Socket Layerの略で、インターネット上のデータを暗号化して送受信する仕組みだそうです。例えば、ネットでのお買い物をして、クレジットカードの情報等を入力する場合。これをそのまま送信すると、情報が第3者に漏れてしまう事がありますが、暗号化すれば、サーバーとPCの間での通信を安全に行う事が出来るんですって。

…って、そんなのPuchikoのブログで関係あるの?とか思ったりもしたのですが、第3者から勝手に情報盗まれて改ざんされても困りますものね。やっぱり大切な訳ですよ。

 

じゃあ、安全なサイトとそうじゃないサイトってどうやって見分けるの?

っていうと…

最初のアドレスが「http」か「https」かで見分けるそうです。やっぱりSが付いているとSpecial(特別)で、Secure(安全)って事なんでしょうか…。httpsのサイトだと大丈夫らしい。Sって偉大…。

 

今迄はてなブログってその対応がなされていないブログだったのですが、最近になってやっとSSL化をしてくれたようで…。でも、そうなると、過去の記事を全てSSL対応にしないといけない訳です。これが大変~^^;

 

はてなブログSSL化するってどうするの?

えっと、一応HTTPSで配信するのはボタン一つで完了するようです。

 

happylife-tsubuyaki.hatenablog.com

 

Puchikoは、このサイトを参考にして行いました。

(同じ事をダラダラ書くよりも、これにとても分かりやすく書いてあるから、こちらをどうぞ♪)

 

ただね、Puchiko、バックアップの仕方が分からなかったから、しなかったんです。

しなくても大丈夫な事の方が多いらしいけれど、稀に、SSL化する過程でデザインがおかしくなったり、不具合が出てしまったりすることがあるそうで…。しかも一度SSL化すると元に戻せなくなるという怖い事実を突きつけられてしまう訳で。

 

…もしかしたらこれで、Puchikoのブログがおしまいになるかもしれない。今までの苦労が全て水の泡になるかもしれない…と思いながらボタンをポチっとな。(ふっる★)

何とか、デザインがおかしくなったり、不具合が怒ったりすることなく、SSL配信作業完了。 これで、アドレスの部分がこの記事の画像のような状態になっていればOK…なのですが!

 

Puchikoの場合は、それでも検索バーの所にこんな警告マークが出てしまいました。

 

f:id:Puchiko:20180701095653p:plain

 

このバッテンが小さく入ったマーク。これをクリックすると、「安全でないコンテンツがブロックされました」とエラーメッセージが出てしまいます。

そうなると、危険な部分を含んだミックスサイトということになります。

全然安全になってない!

この状態に苦戦したのは、私だけではなくて、同じくシングルマザーの人気ブログのこの人も苦労したみたいです。

 

chiiseka.hatenablog.com

おぉぉ、ここにも仲間が!

と思いながらも、その危険部分を探していきます。

私ひとりじゃないんだぞー、皆頑張ってるんだぞーと自分を励ましながら、記事の中のリンクで、昔のhttp://になっている状態のものを一つづつ探して、「s」を付けて行くという地道な作業…。

 

これは、記事の検索に

 

img src="http://

 

を入れるとどの記事にそのようなものがあるかを表示してくれます。

 

f:id:Puchiko:20180701100216p:plain

 

そしたら、Puchikoの場合、リンクが入っているものはほとんどでした。

自分の過去ブログを引用したものは勿論、A8とかで楽天の商品リンクを作ったもの、カエレバ等でバナーを作ったものなどなど…。

 

それらのhttpの部分の最後に全て「s」を付けて行くのです…。

記事のHTML編集の欄を出したら、Ctrl+Fでhttpを検索…。ハイライトされた部分を一つ一つチェックするという地味な作業です。

…こんな事をしてたら、罪がないのに「S」が物凄く憎たらしくなってきたw

とにかくSを付けまくります。

 

記事を全部直したと思ったら⁉

こうして全ての記事を直していきました。

 

しかし、まだまだ消えない警告マーク…。

 

何故だ⁈ 記事は全てhttpsに直したのに。

 

その時は、Chromeでブログを立ち上げて、コードキーを出して、確認すると良いらしい。Chromeで立ち上げた後にF12をクリック。

その後、Consoleのタグを出します

f:id:Puchiko:20180701101912p:plain

そうするとですね、駄目な所を割り出してくれるんですよ。

その部分を探し出して、修正。

 

 

Puchikoのサイトは、記事の他にも、パンくずリストを作成したコードにも問題がありました。

どうりで、記事を直しただけじゃ警告マークが消えなかった筈だわ…。

 

 

 「S」の呪縛からやっと解放!

…という訳で、やっとPuchikoのブログも安全ブログの仲間入りになりました。

いやー、長かった…。

2週間くらい分からないで格闘していたけれど何とか終わった…。

 

梅雨も明けたし、心も晴れやか~♪

 

まだ「S」と闘っていないあなた、健闘を祈ります!

 

 

 

ただいま、参加中!よろしかったら押してください。

離婚ランキング

 

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村