Puchiko's Challenge! ~崖っぷちからの快進撃‼~

40代、バツイチ、子持ち、失業を持ち前根性で乗り越えるブログ

忙しすぎて、卑屈になります…。

広告

Puchikoです。

f:id:Puchiko:20180414133746p:plain

新学期が始まり、引っ越しも近づいて来てバタバタしています。
…思い返してみたら、離婚が決まってから息つく暇もない感じ…。

今週の始め、息子の入学式が終わったと思ったら、金曜日は息子の学校の保護者会、今日は娘の学校の保護者会…と保護者会ラッシュ。

それに加えて、息子の部活説明会たるものが金曜日の夜に行われ、体育会系の部活に入る心得のようなものを先輩母さんたちに教えて頂きました。

 

部活によっては、親の出番が多くなります。 特に体育会系の部活は多いような気がします。

 

スポーツや勉強を頑張っている子どもを応援したいのはやまやまだけど、やっぱり親ひとりだと出来ることが限られてきます。経済的な面でも、時間的な面でも制限は出てくる訳です。そんな時に、自分の不甲斐なさの他に、周りと比べて卑屈になっている自分に遭遇してしまいます…。

みんな働いているので…。

例えば、保護者会。

 

保護者会にはきちんと参加しましょう!的な事を言われます。

学校ときちんと情報共有するためとか、周りの人との交流を深める為とか…。

そして、子どもの為という理由で、PTAの委員だの役員だのにならないといけないプレッシャーもかけられる訳です。

…子どもの為にも積極的に!って分かっているんです。

頑張らないと!とも思うんです。

 

そして、今の世の中、働いている人って多い訳だし、私だけを特別扱いしてもらうなんて事は出来ないのも分かっています。

 

でも、でもなぁ…。

 

やっぱり夫婦揃っているのと、ひとり親って負担度が全然違うじゃない‼

それなのに、なんで同じ土俵に立たないといけないの!出来ないのは出来ないのに…と思っているもう一人の自分。

それこそ、保護者会の度に仕事休んでいたら、給料もガタ落ちになって生活出来なくなるじゃないですか? これがパートナーがいたら、上手く遣り繰りしながら乗り切る事が出来るかもしれない。

ダブルインカムだったら、どっちかの給料が減ってもフォローしあえるけれど、私はひとりだからそんな事出来ないじゃない?

 

出来ないものは出来ないんだーーーーー★

 

良い子ちゃんになりたいのに、それに反発している自分がいる訳で…。

それを押し殺して、「卒業までに1役員、1委員!」というスローガンを達成するために早々に委員を引き受けてしまった私。

 

それなのに、引継ぎ会にも出ることが出来ずに、自分の中途半端感が半端なくて、自己嫌悪に陥る私がいたりして…。

 

結構そういう人って多いのかな…って思ったりするけれど、なんか立場的に難しい人に向かって「皆○○なので…。」という言い方に、ちょっとだけ反発心を抱いたり…。だって、みんな許容量って違うんだし、色々な事情を抱えている訳だから、その一言に集約するっていうのが、ちょっと乱暴じゃないかと思ってしまう…。結局、自分が出来ない不甲斐なさみたいな所のフラストレーションがそうさせているのかもしれませんがね。

 

同情され過ぎても腹が立つ…。

反対に、私が離婚したと知った途端に、変に同情して、理解を示してくれるのもイライラしてしまうことがあります。

 

…はい。本当に嫌な奴です、私。

 

…例えば、離婚しているから、きっと落ち込んでいるでしょう…? 一緒にお茶でもしておしゃべりしない?なんて誘ってくる知り合い。

 

確かに落ち込むことはあるけれど、それよりも毎日の生活に精一杯で、お茶をゆっくり飲むことなんて出来ない位焦ってもいるし、そんなカフェとかでお茶に費やすお金があったら貯金するでしょ!そんな時間があったら、少しでも家事やるわ!っていうのが正直な所。

 

それよりも、毎日の生活の中で助けてくれたり、さらっと励ましの言葉をくれたりする方が全然助かったりするわけで…。

 

でも、これってその本人じゃないと分からないだろうなぁ…。

 

「あなたの気持ち分かるわよー…。うちも、離婚を考えた事があって…。」なんて夫婦の相談事を延々と聞いて時間を使わないといけないとなると、これが私の為なのか、その人の為なのかが分からなくなってくる…。でも、その人は私の為を思ってしてくれているんだよね⁈でも、離婚しようと思うのと、実際に離婚するのって全然違うんだよ⁈きっと思っているような感じじゃないと思う…。それも分かるから、どうにもこうにも…^^; 「Puchikoちゃんもたまにはこうやって羽目外さないと!」なんて言ってくれるけど、いやいや、今、羽目外す余裕ないから!と心の中で思ってしまう私の器の小ささを痛感してしまいます。

 

分かってるの、彼女なりの親切心から言ってくれるって事も、私の為を思ってくれていることも…。

ただ、私がそれを受け入れる器を持っていないということも…。

 

でも、変に特別扱いみたいな風に取られて「可哀相なPuchiko」みたいなレッテルを貼られると余計落ち込んでしまうのも事実で…。それこそ、同情するなら金をくれ!まで言わなくても、それなら具体的にサポートしてよ…普段、ちょっと大変そうだな…って思ったらお互いに助け合うように、何か困った事があった時に手を差し伸べてくれるのが一番有難いといじわるな事を考えてしまう腹黒い私もいたりする訳です。(そしてそんな自分に自己嫌悪★)

 

 …そして無神経な元・旦那。

そんな神経過敏な時に、元・旦那が子ども達に面談を申し込んできました。

 

いつものように近所で夕飯。息子の入学祝、そして娘の進学祝いに図書券もくれたそうな。

 

それもそうだけど、旦那さん、子ども達の誕生日、もうすぐなの覚えてる?

誕生日おめでとうの一言もないよね⁈

 

そんな無神経さにもイライラする私…。

これって子ども達と元・旦那の問題であって、私が関与することではないのだと思うのだけど…。

 

そして、元・旦那から、息子に、

「もう中学なんだから、携帯持ったらどうだ? 持ってたら連絡先、交換しないか?」と。

また、今迄息子の部屋がなかったことを思って、

「家をリフォームして、自分の部屋を作ってもらったらどうだ?」と提案したと…。

 

…もしもし?

 

養育費、くれてないよね?

 

勉強部屋を作ってもらえって、リフォーム代は誰が払うんだい?

毎月の携帯代は払ってくれるのかい? 養育費もくれないくせに、どの口が言っているの?

 

…というか、家の維持費を削減する為にも今月引っ越すんだよ。

(その事は元・旦那には内緒ですが…。)

 

どの立場からそんな事を子ども達に提案しているんだろう?!

…話を聞いて、苛々してしまう私。

 

…本当は、そんなの気にしない位稼げば良いだけの話なんだけど…。

なにくそ!と思って、しっかり子育てすれば良いだけの話なんだけど…。

結局は、そんな事でキーキーなっている自分の器の小ささの問題だとは思うのだけど…。

 

自分の立場の弱さを振りかざして嫌な奴だと自己嫌悪★

今回、PTAの委員にはなったものの、委員長の選出に関しては「すいませんが、私、ひとり親でそこまでやる自信がありません!」と率直にお断りをしてしまいました。

…本当は、子どもの立場からこういうことは隠した方が良いのかな…とも思ったけど、それを隠して自分のクビを絞めるよりは…と早々にカミングアウトしてしまいました。それが良いのか悪いのかは分かりません。

 

その代わり、「やれることは精一杯やらせて頂く」というスタンスは貫こうとは思います。

 

そして、元・旦那に対しては、私からは連絡もせず、息子も、格安携帯を持ったのにも関わらず、「携帯は持ってない。」と連絡先を交換しなかったようです…。そして、引っ越す事も言わなかったそう…。 子どもは子どもで、元・旦那に対しては距離感を持って接しようと思っている様子。子どもは子どもで、きっと今の生活を理解している。そこはそこで、任せておけば大丈夫…と自分に言い聞かせる私。

 

そして、心配してお茶に誘ってくれる友達には、「今は忙しいから、落ち着いたら…。」ととりあえず、今はお断りさせていただきました。

 

卑屈な気持ちで会っても、お互いに嫌な気持ちになるだけだろうから…。

 

どんな付き合いにもある程度の距離感は必要よね。

…ちょっと気持ちの余裕が出来たら、ゆっくり彼女とお茶しようと思います。

 

心の底では分かっているんだけど…。

…分かっているんです。

皆それぞれ事情を抱えていて、精一杯生きていることは。

 

ただ、今、忙しすぎて、凄く卑屈になっていて、「ダブルインカムだと生活楽だろうな…。」とか、「あのご主人、すごく協力的で良いなぁ、うらやましいな…。」とか、変に周りと比較して卑屈に思ってしまう自分がいたりする訳で。 

 

…多分、疲れているんだと思います。

だから、他の人と比較してしまったり、物事をねじ曲がって取ってしまったりするのだと思います。自分が一番大変!辛いとか思って悲劇のヒロインになっているのだと思います。

 

そんな時は、ちょっと周りと距離を置いて、自分を冷静に見つめなくちゃいけないな…と考える今日この頃です。

 

ただいま、参加中!よろしかったら押してください。


シングルマザーランキング

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村