Puchiko's Challenge! ~崖っぷちからの快進撃‼~

40代、バツイチ、子持ち、失業を持ち前根性で乗り越えるブログ

いよいよ最終日…。 私の決断、正しかったのかな?

広告

Puchikoです。

f:id:Puchiko:20170524051725p:plain

今日がこの会社の最終日となります。

…そして、次の日が私の誕生日。 

またすっからかんの無職状態での誕生日ってなんだかなぁ…って思いつつも、自分の選択は正しかった…と言い聞かせているPuchikoです。

とりあえず、今日一日、精一杯頑張って働いてこようと思います。

自分の判断、正しかったよね? 揺れる気持ち…。

 前回の記事で、Puchikoの判断は正しかった…きっと自分は大丈夫!と思い込んでみたものの、やっぱり不安感は否めないPuchikoです。

 

…年の瀬に無職って何なんだよ。

…一年の締めくくりが無職かよ。

…結局、我慢足りなかったんじゃないの?

…贅沢言い過ぎなんじゃないの?

…そうやって自分は何もやり遂げることが出来ないんじゃないの?

 

ぐるぐるそんな思いが頭の中を駆け巡ります。

 

私の後任としてアルバイトで入ってきた女性は私よりも随分年上で、とてもやる気がある人。やはり契約時に正社員として受けた筈が、アルバイト雇用として打診されたと言っていて、「きっと私の能力がまだ足りないせいだわ!」とすごぶるやる気をみせています。彼女、同じような業界で長い間働いてきたのに、それでもそうやって思えるってすごいな…。この仕事が本当に好きなんだな…。なんてちょっと羨ましく思ったり。

 

そういう意味では、私はこの仕事に対する熱意が足りなかったのか、頑張りが足りないのか…とかちょっと考えてしまうんだけど、でも趣味で仕事している訳じゃないしなぁ。やっぱり生活があるからある程度の安定は欲しいし、頑張っていても認められなかったとしたら、やっぱり自分には合ってない職場なのかな…とも思ったりして、また倒れる前に諦めた方が良い気もして…。 

 

そんな事を考えてたら、全く眠れなくなってしまいました…。

 

結局、私は会社の役に立ってたのかな…。

先日、上司(私よりも1周り以上私よりも若い可愛い女の子)と昼ご飯を食べに行きました。

仕事前にゆっくり話そう…と。

 

外でランチ食べるなんて普段なら到底ありえない話で…。大抵、昼休みなんて取らずにおにぎりとかサンドイッチ片手に仕事しているような状態だから、外で食事なんて贅沢過ぎる…なんて思いながら、でも最終週はちょっとぐらい贅沢しても良いよね?と二人で出かけたのです。

 

そこで彼女の口から、私はPuchikoさんの選択、間違ってないと思いますよ。この会社は小さいから一人に対して全てを求めてしまいがちだけど、人には得手・不得手があって万能選手じゃない。そこばかり追いかけて、その人の良いところを見極められない上が悪いのだし、上司と守ってあげることが出来なかった私の能力不足もあるし。本当は、私のチームからそう言う事は起きてほしくなかったけれど、それでPuchikoさんが病んでも欲しくない。病む前に逃げるのも大切ですものね…と。

 

優しい優しい彼女。私は、そんな上司に恵まれたことが今回の一番の収穫だなと思っています。最初の話と随分違っていて、半ばパニック状態で始めたこの仕事。でも、彼女のお陰で笑って仕事をすることが出来ました。私の仕事量とかに関しても、随分陰で配慮してくれていたの、分かってる。そんな上司の思いに私が応えることが出来なかったのが一番の心残り。同じ仕事でも、一緒に働く人によってこんなに変わるものなんだな…って感じることが出来た今回。仕事自体は本当に楽しいの。ただ、自分の能力と会社が期待する基準が見合わない。そう考えると、もう少し頑張ったら何かが変わるのかな…とも思ったりもしました。でも、その反面、ギャップが違い過ぎて、努力だけでどうこうなる問題でもなさそうだから、この決断は良かったんだ。それよりもそういう私の迷いや独りよがりしてしまう所が一番危険なんだろうな…とか思ったり。

 

そんな話を前回の診察の際に言ったら、カウンセラーの人が一言。

「…その見極めをするのが自分を守るって事なんですよ。Puchikoさん、人を優先に考えがちだったけど、自分を大切に出来るようになったということです。自分が役に立っている・立っていないと決めるのは相手で、Puchikoさんが決めることは出来ません。Puchikoさんはただ、自分が出来る精一杯をして、それが上手く相手に伝わらなかっただけの話なんです。それはミスマッチでしかないのだから、判断は正しかったのだと思いますよ。今回は自分を守ったんです。」

 

自分が会社の役に立ててたかどうかは分からないけど、とりあえずやれることは頑張ってきた。そして、私の決断は、我慢が足りなかったというよりも、自分を守っただけの事、自分を大切にした故の決断だったから良かったんだと、自分に言い聞かせているのです。(…とは言え、まだ気持ちがモヤモヤしていますが。だって、まだ働き始めて2ヶ月だし。)

 

…私の退職の話は、会社の上層部しか知りません。なんかね、社長がきちんと皆に言ってくれないの。それを、私から言っていいのかどうか…。良く分からなくて^^;

 

今日、どうやって働こうかな?そして、どうやって会社を去れば良いかな…。ちょっと悩んでいます…。でも、そういう所でもけじめがない会社はやっぱり関係性がなあなあになってしまうのかもしれませんよね^^;結局良いように使われておしまいになってしまう気がする…。うーん、もう決めたことだし、それが正しかったかどうか今更言っても仕方がない!どちらにしても、今日出来ることを精一杯して会社を去ろうと思っています。

 

さあ、これからどうしよう…。

…今日の最終日の過ごし方もそうだけど、その後、自分はどう働けば良いのか悩んでいます。今の所、派遣会社からの紹介の他に2社から面接の依頼が来ています。そのうちの1社は来週2次面接の予定。

 

1つ目の会社は近所で、とても緩い感じ。事務…と言っても、社内の掃除したり、来客対応したり…主婦の延長線上のイメージを抱きました。社長がね、この会社は男所帯だから、そういう所が足りないんですよ、そこの部分をしっかりフォローしてくれたら、基本自由ですからって。話の感じだと休みとかも融通付きやすいみたいだし、なんせ近所だからお昼休みにちょこっと家の事済ませたりとかそういう事も出来そう。今までの会社とは真逆のイメージです。(こう考えると、専業主婦って結構使える人材なのかもなぁ…。) やっぱりもう少しゆったりとした生活したい。少しスローダウンしたいなぁ…。無理しないで子育てしながら働くにはこの位が良いのかな…。

 

もう1社は、外資系のコンサル会社の庶務で、人材育成に力を入れている会社っぽい。仕事中にもビジネススキルや英語を学習する時間が組み込まれているんだって。時間もきっちりしていて、家からちょっと遠いし大変かもしれないけど、長期的に考えたらキャリアアップに繋がるんじゃないかしら?お給料も1社目より全然良い。これからずっと働いていくことを考えると、こっちの方が自分の成長の為には良いような気もして…。

 

きっとずっと働いていかないといけないから、先細りしないで生活していける選択をしないと…と気持ちが焦る反面、とにかく安定した生活を送りたい、もう少しゆったり生きていきたいという気持ちが交差して、どう考えて良いのか分からないです。歳はどんどん取っていって、このままだと需要がどんどんなくなっていってしまう…。守りと攻めを上手くバランスとりながら、どう進んでいくべきか誕生日前に悩みに悩むPuchikoなのでした。

 

ただいま、参加中!よろしかったら押してください。

離婚ランキング

 

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村