Puchiko's Challenge! ~崖っぷちからの快進撃‼~

40代、バツイチ、子持ち、失業を持ち前根性で乗り越えるブログ

静かなお正月… ~出戻った小姑って面倒かな…⁈~

広告

Puchikoです。

f:id:Puchiko:20180102084623p:plain

お正月2日目、静かな朝です。

昨日、母の家に弟夫婦と集まってお正月を迎え、息子はそのまま弟夫婦の家に泊まりに行ってしまいました。今朝は、娘とふたり。息子はそのまま今日は弟夫婦とお出かけをして、夕方戻ってくるそう。

夕方は夕方で、元・旦那との2回目の面会で一緒に夕食を食べる事になっているそうなのだけど、その肝心の元・旦那からの連絡が全くこないと娘。食べに行くのか行かないのか…。

…まあどっちにしても、静かなお正月2日目です。

さてと、今日はゆっくり年賀状でも書こうかな…。

近所の出戻り小姑って目の上のたんこぶ⁈

私の弟夫婦は、近所に住んでいます。

子どもの年齢も、息子とほとんど一緒。あまり会う機会がないのですが(お互い忙しいのでね)、会うととても仲良く遊んでいて微笑ましくなります。

…その時に、5歳年上の娘は浮いてしまってちょっと可哀相になるけれど。

今年のお正月もそれは変わりなく、和気あいあいと過ごしました。

 

毎年、お正月は、母の所に皆で集まってお祝いをします。

大抵、私は年末~元旦は大忙し…。料理の用意やらなにやらバタバタ過ごします。普段、共働きで忙しい弟夫婦。多分ゆっくりする暇がないだろうから、少しはゆっくりしてもらいたいね…と言いながら母と彼らをおもてなしする準備をするんです。

 

そして、お昼ごろに弟夫婦が遊びに来て、ゆっくりごはんを食べて、団らんし、夜ご飯を食べた後にお開き…というパターン。この時間を子ども達は毎年楽しみにしているよう。

f:id:Puchiko:20180102090512p:plain

…という私は、ちょっと気になったりすることがあり…。

私は、母と2世帯住宅で住んでいます。

弟夫婦は、近所の家に住んでいます。元々同居じゃないにしても隣同志で住んでいる私と母。そして、今年、私はバツイチ状態です。

 

そんな小姑って、実は嫁にとって重い存在じゃないかなって。

…気にしすぎなのかもしれないけれど。

 

…お嫁さんって大変よね?

昨日、弟と子供達、そして母と皆で外に遊びに出ていた時間。お嫁さんと私の2人きりになりました。

2人で食事の後片付けをしながらたわいのない話をします。

 

…お嫁さんも、来年子供を中学受験させたいから今の仕事を辞めて転職しようか考えていること。

…その子どもが他の子と比べて劣っているんじゃないかと気になること。

…仕事しながらの子育てって大変だと感じること。

…それでも、子どもの成長を見るのは嬉しくて、活力の元になると感じること。

 

立場や年代は違くても(お嫁さんは私よりも10歳年下です)、それぞれ色々大変だったり、悩みはあるんだろうなぁ…と。そんな事を感じながら、生き方の違いはあるにしろ、皆それぞれ頑張っているんだよなぁ、私だけ大変って訳じゃないんだよなぁ…と思ったり。

 

うちは、中学受験なんて考えなかったし(息子自体そんなタイプじゃないしw)、そういう意味では、教育方針も全く違うけれど、だからこそかち合わないでお嫁さんと上手くやれてる部分もあるかもしれないなぁ…とか、近くにいるからこその距離感みたいなものを大切にしないといけないな…と話しながら思っていました。

 

親しき仲にも礼儀あり。

 

特に、近くの小姑や姑って(年齢がお嫁さんよりもずっと年上だったりすると)、物凄く圧迫感感じませんか?私はそんな付き合いとは無縁な人だったので感じた事はないけれど、でも気になる存在だと思うんです。それがセットでこられたりすると、「うわー★」と思うだろうなぁって。

 

だからこそ、自立心って大切だと思うし、甘え過ぎない間柄って大切だと思っています。もちろん、困った時には助けるつもりだし、何かの時にはこちらも頼りにすることはあるかもしれないけれど、母にべったりの小姑は煙たい存在だと感じるでしょう。しかも、近くに住んでるからこそ、距離感を大切にして、嫁・姑の縦の線を補強するような斜めの関係を築いていきたいと思っています。

 

離れて暮らしたいと考えたこともありましたが、やはり娘だし、母は色々面倒な所もあるので、間に入らないと嫁・姑大変だろうなぁ…と感じたりしたこともあり。(実の親子で大変な事もあるので^^;)

 

離れて暮らしたいと感じた事、ありませんでしたか?

…そんなお嫁さん、結婚当初はうちの母とよくケンカしていました。

今では上手くやっていますが、ケンカは本当に激しくて…。弟と離婚するんじゃないかってヒヤヒヤしていました^^;

 

そんな事もちょっと話に出てきて、「結局私の方が離婚しちゃったねー」なんて言ってたら、お嫁さんが、

「親元から離れて暮らしたいと感じた事、ありませんでしたか?」って。

 

「いやぁ、私が母のコントロールしないと、自由奔放過ぎて周りに迷惑掛けちゃうでしょう⁈〇〇ちゃん(お嫁さん)、子育てと母の面倒で大変だよー(笑)、✖✖(弟)も自由奔放だからそっちとダブル出来たらたまらないでしょ⁈」と笑って返してみたけれど、お嫁さん、「でも長男の嫁だから…。」って。

 

責任感がある子なんです、お嫁さん。

だからこそ、私の存在は違う意味で、プレッシャーになったりするのかなってちょっと考えたりして…。

 

気にしすぎなのかもしれませんが。

 

そんな事話しているうちに、子供達が帰宅して、皆で夕食を食べました。

用意しておいたおでんやおせちをつまみながら和やかムードで。子供達は盛り上がり、最後にはお嫁さんの子供が息子と泊まりたいと…。じゃあうちに泊まる?と言ったら、「いえいえ、今日は私が預かります。」と。結局、息子は弟夫婦の家に持って帰られましたw

 

私、甘えちゃった★ すいません。お世話になります。

そこら辺、甘えても良かったよね⁈

 

でも、あまり気遣いしないで良いよ。疲れちゃうよ、お嫁さん。なるべく、普通のママ友の延長位に考えてくれると有難いんだけどなぁ…。

 

ちょっと気にはなりつつも、小姑って、やっぱりある程度は仕方ない存在なのかなぁ…と思ったりもしたお正月でした。

 

 

ただいま、参加中!よろしかったら押してください。


シングルマザーランキング

にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村