Puchiko's Challenge! ~崖っぷちからの快進撃‼~

40代、バツイチ、子持ち、失業を持ち前根性で乗り越えるブログ

…不採用から見えてきたもの

広告

Puchikoです。

f:id:Puchiko:20170626213056p:plain

…近所の会社より連絡が来ました。

不採用との事でした。 

でも、とても誠実な会社だったようで、本当にギリギリまで考えての決断だったという一言が添えられていました。私の為に、随分長い間面接してくれて、今年中に連絡をくれたということ、わざわざぎりぎりまで考えての決断だった事を伝えてくれたことは、極力私を傷つけたくないという気持ちの表れではないだろうか…。でも、やっぱり、結構ショックで、昨日不採用のメールを頂いて、一日落ち込んでおりました^^;

これは私への天罰かもしれない…。

私…。この会社に打算的に就職しようと思っていたのかもしれないな…。

ちょっと楽な方に逃げていたのかもしれない…。

不採用のメールを頂いた時に、ちょっと反省してしまいました。

 

この会社なら、子どもの用事があっても上手く調整できるかもしれない。

この会社なら、無理なく働けるかもしれない…。

この会社なら…。

 

私、その前にこの会社に貢献出来ることを真剣に考えたのかな?

 

…いや、真面目に働くつもりはあったとはいえ…。

 

自分がここでどう成長しようと思ったのか、

この会社にどのように貢献しようと思ったのか…。

今じゃなくて、その先、どうやって生きていこうと思ったのか…。

 

子ども達が…じゃなくて、自分は…って所にきちんと焦点を併せて行動出来ていたのかな…。多分、そんな事が反映されていた結果じゃないかな…と思ってしまいました。

そんな打算的な気持ちがもしかしたら伝わったのかもしれないな、もしそうだったら、相手にとても失礼な事をしてしまったかもしれないな…と。

 

この会社が教えてくれたこと…。

この会社の社員の方々、きちんとした会社に勤めたことが無いって言ってました。だから、面接の仕方も分からないし、今回、どのように採用をしたら良いのか分からなかったところ、たまたま知り合いの転職サイトの方が助けてくれてこのような形をとった…と。何もかも初めてなんです、こんな感じで良いんですかね?ってそんな感じで面接をしてくれました。

 

でもね、この会社、もう10年以上続いている会社なんです。温かくて、本当人を大切にしている会社なんだな…って入った瞬間から分かるような会社。「男所帯なんで、女性の方が欲しいなと思って…。今の事務の方、結婚して退職しちゃうんですよ~。」なんて言っていたのだけど、多分ね、その人がいなくてもしっかり回っていけるほど、物凄く社員一人一人が自立しているんです。

 

だから、人が人を呼んで、色々新しい事が生まれて、上手く回っている…そんな印象を受けました。今回も、私が話しやすいような話題を色々振ってくれて、物凄く楽しい、面接じゃないような面接を実現させてくれたこと、本当に有難く思って…。

 

今回の面接の時だって、「こんな感じでどうですか?」なんて聞きながら、多分私が萎縮しないように…って気遣ってくれたんだと思うんです。同等に見てくれたというかな、こっちが雇い主だぞっていう感じではなくて、一人の仲間として考えてくれているみたいな、そんな印象。社員全員がそういう感じで成り立っているんだろうなぁ…ってそんな感じ。

 

そんな会社に入って、このままぬるま湯で浸って、甘やかされて良いのかな…って思いつつ、この会社で働けたら幸せだろうな…なんて思っていたので、不採用なのはちょっと寂しい…。

 

逃した魚は大きいけれど…。

今回不採用になった会社、面接受けて初めてくらい素敵だな…と思った会社でした。それだけに、不採用と分かってしばらく落ち込んでいましたが、でも、この不採用のメールをもらって改めて自分がどう生きていくべきか、考えるきっかけになったかな…と思います。

 

  • 今はちょっと苦しくても、自分が一本貫いていれば、きっと上手く道が開けていくこと
  • どんな時でも人を大切にしていこうという気持ちがあれば、人が人を呼んで、道が広がること
  • 大変な事でも楽しめば良いということ…

 

…まだ、外資系の会社からは返事を頂いておりませんが、とりあえず、今は年末年始ゆっくりしながら来年の事を考えていこうと思っています。

 

来年はどうなるのかな?

 

そんな事を考えつつ、今年最後の日を過ごそうと思います…。

 

ただいま、参加中!よろしかったら押してください。


シングルマザーランキング

にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村