Puchiko's Challenge! ~崖っぷちからの快進撃‼~

40代、バツイチ、子持ち、失業を持ち前根性で乗り越えるブログ

シングルマザーの頑張るって何だろう?

広告

Puchikoです。

f:id:Puchiko:20171228071136p:plain

もうすぐ年末です…。

仕事を辞めてから、2社、面接を受けました。

1つは、近所の社員5名の小さい会社、もう1つは社員80名くらいの外資系の事務…。

両極端の会社2社です…。

お給料も2倍違う‼(そりゃそうだw)

2つの会社を受けて、(まだ受かってないけれど)色々考えてしまいました…。

お日様の光が気持ちいいのんびりした会社…

…まず一つ目の会社。自転車で10分かからないところにありました。最初、どこにあるのか分からなくてきょろきょろ。だって看板とか表札とかないんです。…ここかなぁ…と思った場所を覗いてみると、一見お店のような雰囲気。ガラス張りのドアにはインターフォンもドアベルもありません。(あれ、普通の会社の筈なのに?)そう思って恐る恐る覗いてみると、「あ!」って感じで社員の方が出てきて下さいました。

 

中は本当お洒落な喫茶店のような雰囲気…。美味しいコーヒーを淹れて頂いて、ほんわかとした雰囲気の中で面接をします。

f:id:Puchiko:20171228080450p:plain

 

…うーん、こんなの初めて。

 

学生時代の友達同志で始めたというこの会社、もう設立10年目と言っていたのに、こういうことは初めてだったらしく、「面接ってこんな感じじゃダメっすかね⁈」って終始カジュアルな感じで…。それが嫌な感じじゃないんですよ。本当に温かい雰囲気で。

 

面接中に仕事内容を確認します。そして、一番大切な事、子どもと両立して働けるかどうか…。自分はその部分が一番重要なんですということも告げました。まず、仕事内容…「うーん、事務って言ってもお留守番がメインですかね?うちの会社、自分含めて出入りが激しいんですよ。だからお留守番してくれる人がいると助かるんです。後、男所帯だから、女の人がきちんとしてくれると助かる…。」

 

…へ⁈そ、それだけですか?

 

「休みに関しては、忙しい時に休まれると困るけど、基本自由じゃないっすかね?僕が大丈夫だったら休んでもらっても構わないし。」

 

…そ、そんな緩くていいの?

 

ビックリし過ぎて、その部分ばかり突っ込んでしまって終わった1回目の面接。

…多分働く気があまりない人なのかもしれないな…と思われただろうな…と落ち込んでいたら、すぐに2回目の面接の連絡が来ました。

 

「今度は社員全員で雑談でもしましょう…。」って…。

 

そして迎えた2回目…。

…本当に社員全員でコーヒー飲みながらたわいのない話をするだけでした★

面接でよくある「あなたが会社に貢献出来ることは?」とか

「どのようなスキルをお持ちですか…。今までのご経験は…。」みたいな話なんて全くなくて、ただ、社員の一人が料理が好きで太ってしまったとかいう話とか、子育てが大変だとか…そんな話、仕事とか関係なく…。

 

でも、でもね。 そんな話の中で、社員の方々の性格というかな、優しさとかが垣間見ることが出来て、そして居心地が良くて、なんか面接なのにほんわかした気持ちで終わったのですよ。そもそも会社っぽくしていない理由というのが、人が集まりやすい場所を作りたかった…ということらしく、それによって生まれるプロジェクトも多いよう。人で成り立っている会社、そんなイメージ。そしてね、男所帯…と言ってるわりに、皆一人一人が自立していて、自分の事をしっかり出来る人達という印象。能力は持っているけど、それをひけらかさない、とても気さくな感じがしました。

 

いいなぁ…。こんな会社で働きたいなぁ…。

ここで働けたら幸せかもしれない…。そう思いつつ、でもそんな会社で勤めて、子どもがきちんと養えるだろうか、とか、お留守番だけの仕事で将来のキャリアに繋がるんだろうか…とかもう一人の私がダメ出しをしてきます。

スーツでキリリ、カッコいい社員を目指して…。

もう一社。

 

外資系です…。いやぁ、5年前には完全専業主婦だった私が、外資系ですよ。…自分でもよく受けようと思ったものです。やはり外資だけあって給料が物凄く良いです。ここで働くことが出来たらきっとお金の心配は全くしなくても良いでしょう。子どもも問題なく学校に行かせてあげることが出来るだろうし、ちょっとした贅沢もさせてあげれるようになるかもしれない。そして、人材育成に力を入れている会社で英語を随時使うようになれば、キャリアアップも出来るかもしれない…。

 

でもね、遠いんです、家から。

…通勤時間1時間位。しかもバスだから時間が読みづらい。

f:id:Puchiko:20171228080853p:plain 

出社時間は9時だから8時前には家を出なければなりません。

朝ごはん作って、弁当作って子ども送り出して…なんて暇ないかなぁ…。

…帰宅は残業しなくても7時過ぎ。

私、そこまで一人でやれるかな…と若干不安になりながら会社に向かう私…。

 

会社はとてもおしゃれな場所にありました。東京のど真ん中‼

いやぁ、すごいっすわ。会社の窓から見えるビル、ビル、ビル…。

ちょっとドキドキしながら受付に行きます。

…受付のお姉ちゃん、けばい 華やかです。みんなお洒落っぽい。

…地味なおばちゃんPuchikoとは大違いです…。

 

面接をしてくれた女性もとてもきれいな方で、お洒落な雑誌にでも出てきそうな、そんな雰囲気。でも、物凄く優しそうな女性で、ちょっと一安心。

会社の志望動機を聞かれたり、(外資なので)英語で質問されたり…。

まぁまぁ普通の面接で可もなく不可もなく…。そんな感じでした。

 

彼女自身もお母さんで、この会社にはお母さん社員、結構いますよ…と。

残業も少ないらしいし、そういう意味では働きやすいのかもしれない…と思ったりします。きっとここで働いたらキャリアアップも出来るだろうし、収入も安定するのは間違いない…。

 

でも、やっぱり通いきれるのか…来年は卒業式や入学式があって、娘も高校3年生になって…という時期に、ここまでの仕事をやり切る事が出来るのか…。そのような不安が残ったまま面接が終了…。

 

…頑張るって何だろう?

…現在、2社からの返事待ちです。

もし、両方受かったとしたら、私はどっちに入りたいだろう…。

のんびりほんわかとぬるま湯のような生活を細々しながらゆとりある生活をして、金銭的には余裕がなくても子ども達の生活をしっかり見守ってあげることが良いのか、ちょっときつくても、子どもに不便かけてもバリバリ働いて収入を伸ばしていくのが良いのか…。

f:id:Puchiko:20171228081442p:plain

性格的にはキャリアウーマンって感じではないと思うんです、ぶっちゃけ★

意識高い系の人には絶対になれない。もしそうだったら倒れていないと思うし。

性格的にはぽわんとしていると思うの。

でも、その反面、他の人と比べて「もっと頑張っている人がいるのに、シングルマザーなんだからもっと頑張らないとだめだ!」と言っている自分もいて、その心の葛藤が物凄くて…。

f:id:Puchiko:20171228084137p:plain

 今苦労しなかったら、後で苦労しなくちゃいけなくなるかもしれない…という変な恐怖心があったり、ただ、そうやっていつまで生きていけば良いんだろう…ってその状態に疲れている自分もあったり…。「他の人がやっているのに、なんで自分は出来ないんだ!」とイライラしている自分があったり、でも出来ないよぅと弱音を吐いてる自分もいたり…。

 

人は人だし、比べても幸せになれないのは分かるんですけどね…。

 

そうは言っても、選ぶのは会社だし、どちらかしか選ばれないかもしれないし、どちらからも選ばれないかもしれないし…。

 

とりあえず、年末はまな板の上の鯉状態です…。

お正月、静かに今後の事を考えながら過ごそうと思っています。

 

 

ただいま、参加中!よろしかったら押してください。


シングルマザーランキング

にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村