Puchiko's Challenge! ~崖っぷち子の挑戦~

40代、バツイチ、子持ち、失業を持ち前根性で乗り越えるブログ

離婚って普通の事なの? 

広告

Puchikoです。

f:id:Puchiko:20171121202325p:plain

この間、コンビニに入って雑誌を立ち読みしていた時に、ちょっと衝撃な事がありました。

読んでいたのは普通の奥様雑誌。「女性〇身」とかそういう類のものではなくて、家事とか料理とか節約とかそういうものを扱っている雑誌です。

その中の特集を見て、ちょっとビックリしてしまいました。

もはや離婚って「当たり前のこと」なのかな?

読んでいた雑誌はこちら。サンキュ!12月号。

私、この雑誌、昔から好きなんですよ。

今はちょっと値上がりしちゃったけど、販売当時、サンキュ!だけに390円で、節約方法とか家事のちょっとしたヒントとか、簡単レシピとかいっぱいあって。家事を前向きに頑張る雑誌ってイメージ。

当時の私にとっては、この本って新婚時代、節約したくて、当時は大好きだった(⁈)旦那様に美味しいごはんを食べさせたくて、まだ家事も上手に出来ない私の参考書みたいな存在だったんですよ…(私もまだまだ若かった^^;)。それが、それがですよ⁈今回、シングルマザーに密着した記事が取り上げられていたのです。

 

これって、ちょっとビックリ★

いや、いやね、卑屈になっている訳ではないのだけど、離婚の話題ってどちらかというとタブーというか、隠したい事というイメージ、強いじゃないですか?ちょっとネガティブな感じというか。テレビとかでもひとり親の貧困生活みたいな話題、良く取り上げられているでしょ? それがね、シングルマザー1年目の初心者から10年のベテラン⁈までの前向きに頑張る人を取り上げられているのがね、ちょっと嬉しかったりしたのですよ。誌面も爽やかにまとめられているというか…。さすがサンキュ!

 

そうそう、就職活動をするときに参考にさせて頂いたこの方も誌面に登場していました。

single-mother.club

なんかね、こう「離婚」をネガティブじゃなくて、前向きに取り上げてくれる雑誌って素敵★ そして、頑張る母さん、素敵!なんてちょっと感動してしまったりしてね、ついでに、そんなお母さん達のタイムスケジュールなんかもちょっと参考になったりしたのでした。3人に1人が離婚する時代、離婚人口増えているんだから、あまりネガティブに取り上げないで~。皆、色々ありながらも頑張っているんだから…とちょっと思ったりしてたので、こういう記事は嬉しい。

 

…普通の家事や育児を取り上げる雑誌にも取り上げられるようになったシングルマザー。きっとそれだけシングルになる人が多くなったという事なのかもしれないな。離婚も当たり前になりつつあるのかもしれない。最近では、「素敵な奥様」という、節約や家事を頑張る主婦向けだった雑誌が、家事も仕事も「CHANTO」頑張る働くお母さん向けの雑誌にシフトして、その中でもシングルマザーが出てくる頻度が多くなった気もします。まぁ、確かにシングルマザーって働くお母さんの割合、多いですものね。そう考えると、みんな頑張っているんだなぁ…。

 

…とはいうものの、やはりシングルマザーのパート率、高めかも。

ちょっとサンキュ!のシングルマザーに感銘を覚えながらも、ちょっと気になる事が…。ここに出てきた3人のお母さんのうちの2人、パート勤めだ…。やはり、バリバリ働きながら子育てって時間的にも難しいんだろうなぁ…。旦那という壁は無くなったものの、よほど実家とかの協力がない限り、バリバリ正社員で働くってハードル高い気がします。子どもが小さかったら、急に熱を出す事もあるだろうし、大きくなったら、学校行事のお手伝い等で呼び出されることもあるだろうし…。正社員になったら残業もあったり、休日出勤もあるところも多いかもしれない事を考えると、一人で全てをマルチにこなすって不可能に近いのかもしれませんね。そう考えると、時間で働けるパートや派遣が子どもが小さいうちは良いのかもしれない…。ただ、ボーナスとかは貰えない…か。

 

やはり、時間的制約と金銭的安定のバランスの難しさが浮き彫りになってくる訳です。

その証拠に、シングルマザーの平均年収、200万程度なんですって。

シングルマザーの収入事情 より豊かな生活を送る習慣とは? | ママモワpress

反対にシングルファザーの場合は300万台。一般家庭の平均が500万程度と聞いたことがあるので、いかに一人で子育てをしながら働くのが大変なのか…って事なのかもしれません。特に、女性は男性に比べて賃金格差が起こりやすいから年収を上げるのはとても大変。離婚時に主婦の人も多いと思うし。(あ、でもシングルファザーも、慣れない家事や育児をしながら仕事をしなくてはいけない人も多いかもしれないし、そういう意味では家庭での支出は女性よりも多くなりがちかもしれないから、それも大変ね~( ˆ꒳ˆ; ))だから、シングルマザーは年収300万を目指して、とりあえず貧困層から脱出しようと頑張れるようにサポートする「シングルマザー支援協会」みたいなものがあるのかもしれないですね。

使えるものは使いながらも前進しよう!

生活の安定を考えながら仕事をするのは大変かもしれないけど、こうやって考えてみると、私一人が大変な訳じゃないんだな。余り表に出ないだけで、頑張っている人って案外多いのかもしれないな…とちょっと勇気をもらったPuchikoです。

子どもの手がかかったり、色々と仕事に制約がある場合、児童扶養手当とかの補助金を上手く使うのも必要でしょう。無理して働いたら、ちょっと前のPuchikoのように心が潰れてしまいます。体も壊してしまいます。無理せずに、適度にゆるゆるとゆっくりでいいから前進していくのが結果的に上手くいくのではないか…とちょっとサンキュ!の記事を立ち読みしながら思ったのでした。そして、頑張っているうちに実力がついて、きっとその次の道が待っている筈だから…。

 

ただいま、参加中!よろしかったら押してください。


シングルマザーランキング

にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村