Puchiko's Challenge! ~崖っぷち子の挑戦~

40代、バツイチ、子持ち、失業を持ち前根性で乗り越えるブログ

離婚相談を受けました。

広告

Puchikoです。

f:id:Puchiko:20170622152640p:plain

今週、仕事をしていないと知ったママ友の一人から一緒に飲もうと連絡が来ました。

お誘い、嬉しいのだけど、Puchikoはお酒が飲めません。

ついでに、夜出歩くのは子供の為にも避けたいし、そういう出費は押さえたい。

なので、ちょっと今、家が大変な状態だからごめんね…と断ることに…。

その連絡のついでにちょっと話をしていたら、実は離婚を考えているという事を告白されました…。突然の離婚相談です。どう答えましょう?

離婚するって大変なんだよなぁ…。

Puchikoは、彼女がどうしてご主人と離婚をしたいのかは分からないし、どれだけ深刻なのかも分かりません。理由も聞いていないし、もし聞いたとしても私は彼女ではないから、彼女の気持ちを全て理解することは不可能です。その状態で変な事を言う訳にはいきません。実は、私、彼女には離婚したことを伝えてはいませんでした。でも、これをきっかけに、今回、思い切って伝えたんです。

「私、今年に入って離婚したんだよ。離婚生活って結構大変だよ。」

彼女、ビックリしていました。

…でも、慰謝料もらえるでしょ?

養育費ももらえるでしょ?

財産分与すれば…。

仕事しているでしょ?

 

…うーん。これってケースバイケースなんだよなぁ…^^;

まず、慰謝料…。自分は被害者だと思っていても、それをどれだけ認めてもらえるかは疑問です。Puchikoの場合、結婚してから生活費を貰えませんでした。結婚生活中に子育てなどに理解を示してもらえない事も多々ありました。その他にも色々ありました…が‼ Puchikoの場合、我慢し過ぎて全て時効扱いになってしまうという結果になってしまいました。浮気でも何でも、きちんと記録を取って、その時その時に対処しておけば良かったものの、Puchikoは子供の事を考えたり、自分ひとりで子供達を養う勇気がなくて、ずっと我慢して10年余りを過ごしてしまったので、「直接の理由にならない」という事に。生活費の件も、私が仕事を始めて生活出来ているので「直接の理由にならない」との弁護士の判断。その他、夫婦の細かい所は、やはり当人同士にしか分からない事なので、外部の人が判断することが難しく…。結局争う事は出来るけど、多分100万取れるか取れないか…。これで弁護士費用とか時間をかけて争うのはどうなんだろう…という事を弁護士事務所2か所で言われましたT_T 慰謝料を取るのって結構難しいのよね…。

puchiko.hatenablog.com

財産分与だってそう。オーバーローンの家を持っている場合、下手したらローンが重くのしかかる可能性もあります。やり方を間違えると痛い目に遭います。

養育費は、一応義務だけど、きちんと公正証書に残さないと、きちんともらえなくなる可能性も無きにしも非ず。自動的に入ると思ってたら大間違いです。

 

お金だけではありません。弁護士立てて裁判となると、精神的にも負担が大きいと思います。協議離婚ならまだ個人同士でプライベートな事を話せるけれど、裁判となったら、それを裁判官や弁護士の前で話さないといけなくなります。そういうのって結構精神的ダメージ食らうと思うんだけどな…。協議離婚でもかなりの衝撃を食らったPuchikoにとって、弁護士立てて調停…とかってかなりハードルが高いように感じるのだけど。協議離婚にしたって、相手に言い負かされたらおしまいなんだよなぁ…。でも、うやむやにしていると後で泣きをみる…。

 

彼女、ご主人には離婚届けを突き付けたそうです。でも、相手にしてくれなかったと。

ついでに、その話を実の親に話したら、大反対されたって…。

 

うーん…。味方いないと辛いよなぁ…。この状態で意気込んで離婚するって言ってもなぁ…。同じ年の子供のいる身としても色々と心配になってしまうのです。

離婚ってね、思っているよりももしかしたら甘くないかもしれない。

「自由を手に入れる!」なんていうと格好良いけど、でも実際には生活もきつくなるし、全ての責任が自分にのしかかるし…。自分の自由なんてほとんど無くなる。自分のお金も無くなるw 周囲だって「可哀相な子」として同情してくれるとも限らない。仕事してたら、足元見られて職場でこき使われちゃうかもしれないし、だからと言って簡単に辞めることが出来ないよ⁈

…うーん、私のアドバイスはちょっと辛目かなぁ…^^;

 

とりあえず相談しよう!自立への一歩を踏み出そう!

Puchikoが離婚に向けて本格的に動き出した2年前、パートでも生活費を全て自分で賄える位迄稼ぎ出した頃でした。子供もある程度大きくなって、やっと少しづつ自立の一歩を踏み出し始めた頃。生活費も節約しながら何とか出来ている、家もある、これで養育費を出してもらって光熱費を賄えれば生活出来るじゃん!と思い、そこからです。色々と情報をかき集め始めたのは。地域の離婚相談に行ってみたり、弁護士さんに相談しに行ったり…。少しづつ、少しづつ、情報を溜めて、周囲に反対されても、とりあえず情報と頼れる所を探して…。結局、養育費はもらえなかったけれど、その後、適応障害になって仕事をセーブしないといけない状態になったりしたけど、でもきちんと離婚して(まだ5ヶ月足らずだけど)何とか生活出来ています。泣きべそかきながらも頑張っています。

これって一重に情報と助けてもらえる所を確保していたからだと思うんですよ~。

自分が離婚したいなら尚更。情報をたくさん集めて色々なところに「自主的に」助けを求める。もう使えるものは何でも使うくらいの勢いじゃないと乗り越えられないと思うんです。その位頑張らないと大変。頑張っても泣いちゃうくらい大変w

とりあえず、こんな感じの電話相談から始めても良いかも?深夜対応もしてくれるし、Puchikoも利用したことがあります。自分の考えをまとめるのには良いかもしれません。

 

その他にも、こんなところもありますよ~

 

とにかく、色々と相談してみる、行動してみる、そして情報を集めて自分の方向性を固める…。自分に何が足りなくて、それをどう補う事が出来るのか…とりあえずシュミレーションしてみるって大切なんだと思います。感情ばかり先行しがちだけど、それだけじゃなくて、実際に動いてみてどうなのか、それに自分が耐えられるのか、それだけの問題なのか…。

自分で決めたからってねー、ダメージ大きいと思います。離婚して、はい!さっぱりすっきり!とはなかなかね…行かないです。それこそ、飲みに行っている場合じゃないんだよ~★(それは言わなかったけど…。ストレスたまってたら飲みたくもなるもんね~^^;)

幸いにも、彼女はとても聡明な人で、パートだけど仕事も持っています。その仕事でどれだけ稼げるか、そしてそれをしながらどれだけ責任を持って子供達を育てられるか…。ある意味ワーキングマザーと重なる部分が大きいけれど、でもやっぱり違います。その部分の覚悟がね、どれだけあるか…多少我慢してでも安定した生活を営むのか、それとも多少のリスクを背負っても、自分らしい生活を手に入れるのか…。

 

そこまでしても、もし、離婚したいのであれば…。

私みたいに、そのリスクを負ってでも、別れないといられないのであれば…。

絶対に道はあります。頑張ればどこかに繋がります。その為にも自分で方向性を見つけないと…。その先には幸せがきっとあると思います。でも、その前にいばらの道が待っているかもしれません。

 

その部分はね、やっぱり本人じゃないから分からないです…。

とりあえず、無駄には離婚は薦めないよ。でも、もし彼女が離婚という選択をするのであれば、精一杯応援してあげたいな…。

 

シンママの先輩(ちょっとだけ)として、そんな事を思いながら話をしていたのでした~。

 

ただいま、参加中!よろしかったら押してください。


シングルマザーランキング

にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村