Puchiko's Challenge! ~崖っぷち子の挑戦~

40代、バツイチ、子持ち、失業を持ち前根性で乗り越えるブログ

シンママの就職活動(14)…自分の経歴を棚卸して企業の希望をマッチさせよう

Puchikoです。

f:id:Puchiko:20170515052326p:plain

今日のワークショップ では、自分の今までの仕事の棚卸し、そして自分が希望する企業と自分の経歴をマッチングさせ、いかに面接で説得力のある話が出来るようになるか…ということについて話し合っていきました。

この作業は、職歴書を作成する際にも役立ちそう。皆でワイワイと楽しみながら行いましたよ。

自分の仕事について振り返ってみる

Puchikoさん、結婚後の就職は全てパートです。しかも、まだ職歴が5年弱しかありません。それで正社員を目指すというのは無謀なのかしら…とちょっと不安になってみたりしますが、その不安を払拭するためにも今一度、この5年弱の間にどのような業務に携わり、それによってどのようなスキルが得られたかという事を紙にまとめるという課題から今日は始まりました。この振り返りの中で重要なのは、経験やスキルの他にもヒューマンスキル(人間性)の向上というものも含まれます。

例えば…。

協調性、段取り力、気配り、社交性、表現力、忍耐力、誠実さ、探求心…なども自分の強みとして売り込む事が出来るという訳ですね。

例えば、ただの一般事務だったとして…。

事務職と言っても色々な業務があると思います。備品管理だったり、書類作成だったり、たまにお茶くみとかもあるかもしれません。たかだかその程度…と思ったとしてもその中にはパソコンスキルの他にも下記のスキルが要求されるわけですよ…。

  • 情報整理力(与えられた情報をいかにまとめ、分かりやすくするか)
  • 慎重・丁寧・正確性(情報をいかにきれいにまとめ、正確に入力するか)
  • タスク管理能力、効率化、段取り力(どの仕事を優先的に行って効率よく仕事を回すか)
  • 文章力
  • 傾聴力(いかにきちんと指示を聞くか)
  • 気配り(いかにお客さんに気持ちよくお茶を飲んでもらえるか)
…。
 
ただ、業務を行ってきただけか、それとも一つ一つ考えながら業務をしてきたか…との違いでこれだけの差が出てきてしまうという事なのですね。
それら一つ一つ丁寧に書き出して、まとめていきます。
…そうすると、結構色々な事を会社で学び、成長してきたかという事が分かってくるのですよね~。そうやってひも解いていくと、結構書くことってあるものです。
自分、結構頑張ってきたじゃん!と振り返る事が出来ますよ!
 

そのスキルをどう企業に活かすことが出来るの?

今度は、応募する企業がどのような人材を求めているか…ということをひも解いていって、自分とどうマッチングさせるかを考えていきます。まず、求人票を用意。

そして、下記の事を確認します

  1. 会社概要 (何をする会社か、創業どの位で、従業員はどの位の規模なのか)
  2. 業務内容  (どんな仕事をするのか、特別な知識が必要なのか、それとも人間性を問われるような仕事なのか)
  3. 応募要項  (特別なスキルや知識が必要なのか等)
これ、皆さん普通に見ていると思うんですけど、面接攻略の為のヒントがたくさん隠されているとのこと。
例えば、1の会社概要。大きい会社だったら、組織としてどう動けるか、小さい会社だとみんなで色々な業務に携わらないといけないから、どれくらい臨機応変に積極的に動けるか…という事を考えることが出来るだろうし、古い会社だったら、規律やルールを重んじる、反対に若い会社だったら、チャレンジ精神や積極性が問われるかもしれません。技術系の会社だったら、何よりも正確性が求められるかもしれなければ、学校などだったらサポート能力とか調整力、傾聴力なども関わってくるかもしれませんね。
福利厚生とか給与等ばかりチェックしないでこういう所こそ確認しないといけないポイントだよという事を今回教えて頂きました。
 
それでは、これをどのように自分とマッチングしていくのでしょう?それは昨日行った自分の第一印象や業務の棚卸しの表などを考慮しながら考えていくと良さそう。
 
例えば…。Puchikoが学校事務スタッフに応募するとしましょう。
学校事務の業務は主に学生サポートや進路相談を行ったり、成績管理などを行います。
応募要件は英語力、社会人経験3年以上、短大卒以上の学歴。
そういった時に、Puchikoが発揮できる能力は何か…。
例えば(業務ではないけれど)子育て経験から、お母さん目線で子供に接することが出来たり、自分の子供と重ね合わせてその年齢の子供に寄り添う事が出来る…とか、今まで行ってきた事務能力を発揮することが出来るとか、主婦経験を生かした気配りを持って接する事が出来るとか…。
今回の社会人経験3年以上…というのは結構ネックで、一般常識があるかどうか、社会人としてきちんと過ごすことが出来たか…というざっくりとした基準しかないように見えますが、裏を返せば、自分達が思う常識と共通の常識を兼ね備えているか、自分達とうまが合いそうか…という風にも捉えることが出来なくもない…と。つまり、人間性重視するけど、判断基準が曖昧という訳ですね。その場合は、会社情報とかを細かく読んで、社風をつかみながらそれに合った自分を演じなければいけないのかな…なんて思ってみたり。反対に、ここの応募条件がはっきりしている所というのは、その技能に特化した人材を集めたい、協調して仕事を進めていくというよりも、個々で責任を持って仕事を進めていく…という感じなのかもしれませんね。
そんな風に、求人票を読み解いて、自分の長所と照らし合わせる必要がありますよ…というお話でした。
…なんか。
そう考えていくと、本当就職ってお見合いと同じような物なんですね^^;
良い相手、見つかるといいなぁ…。自分もうーんと目を見開いて、自分にとっての良い会社を見つけにいくような気持ちで就職活動を進めよう♪選ばれるだけでなく、自分も選ぶような気持ちで…。
 

 

 

ただいま、参加中!よろしかったら押してください。


シングルマザーランキング

にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村