Puchiko's Challenge! ~崖っぷち子の挑戦~

40代、バツイチ、子持ち、失業を持ち前根性で乗り越えるブログ

シングルマザーをなめんなよ!

広告

Puchikoです。

 

f:id:Puchiko:20170604044020p:plain

以前、プロバイダーを変更する為に工事を依頼したら部品がないからと言って途中で担当者が帰ってしまい、そのまま宙ぶらりん状態で電話が使えない事を書きました。

puchiko.hatenablog.com

今回は、その続きです。

就職活動中に電話が使えないのはかなり辛いT_T

電話が使えない事を何度かサポートセンターにクレーム入れてみたのですが、マニュアル通りの対応しかしてもらえず、解決せぬまま日にちばかり経ってしまいます。不完全なまま工事が終わってしまったことも、その時の担当者の名前や連絡先を伝えても「お調べします。」と言ってなかなか事が進みません。

私は私で、自力でなんとかしようと暇さえあればホームセンターや電気屋を廻ってみるも、電話ジャックというものが見つかりませんでした。

程々途方に暮れる私。どうしよう…。プロバイダーを変えるなんて馬鹿な事考えなければ良かったと後悔の嵐です。折角ならば、工事しないで済むものにすれば良かった…。

 

 

でもここで挫けても何も解決しません。

何とかしないと。

自分の主張はしっかりしてやるぞ!

サポートセンターの人には、上の人と直接話をしたいと伝えました。今回の対応は極めて悪質なものであり、通り一辺倒な対応ではなく、会社としてきちんと責任を取って頂きたいと。サポートセンターは午後6時迄の受付時間でも、私の携帯は、サポートセンターのフリーダイヤルは掛けられないし、仕事が6時に終わるので、受付後の時間帯に連絡するようにと。

はじめは、そんなことは出来ないと言ってたサポートセンター。でも、一言キッパリと、

「これは、オタクの不備によって起こった事で、それによってお客である私に迷惑かけてる事ですよね。だったら、自分の都合ばかりこっちに押し付けないで、きちんと対応したらいかがですか。」

と伝えました。

そうしたら、後日、その上司という方から電話を頂きました。

「このたびは大変失礼いたしました。急遽追加の工事をお手続きさせて頂きます。とりあえず、今回の件を上にあげて、どのような状況なのかを確認次第、対応致しますので、もう少しお時間を…。」

あ、またこのパターンだ。

「だから、その件は何度もお伝えしておりますし、工事担当者の名前も連絡先もお伝えしています。いいですか。そう言って、あなた達は時間を使って色々調べたりして、ご苦労されているとかもしれませんが、それであなたはお金を稼いでいる訳ですよね。私はその反対で、あなたたちに合わせて電話をしたり、対応を待ったり…と迷惑を被っているんです。そしてそれは私にとっては損失なんです。その差って考えたことありますか?あなたが私の立場で、自分の時間を割かれて、相手が起こした過失の為に何週間も動かなくてはいけなかったらどうしますか?それも仕事しながら、自分の生活をしながらそういう事を何週間も対応しなければならないとしたら…。」

担当者の方、少しの間、黙っていました。

そして、「困ります。」の一言。

「ですよね?それだけ迷惑しているんですよ。これに対してどう責任を取るおつもりなんですか?」と私。

そうしたら担当者「今回の追加工事は無料にします。」

…おい‼‼‼

「じゃなくて、これだけ迷惑被った工事に一切の費用は掛けたくありません。なぜなら、その工事によって随分な損失を私は受けなければならなくなったからです。このプロバイダー開通工事料金、毎月の支払いに上乗せされて分割で支払うことになっていると思いますが、その分、きちんと引いて下さい。今回の追加工事が無料なのはあなたたちの責任なのだから、それももちろん無料で行うべきです。それが責任を取るという事ではないですか?」

…うーん、私、間違った事言ってる?言い過ぎかな?モンスター????相手が困るかな?そんな気持ちも少しはよぎる。

でも、何週間も電話繋がらなくて迷惑被ってるのに、工事費払うっておかしいよね?

自分の気持ちに素直になろう。悪い事は悪いってしっかり言いたい。

「とにかく、追加工事の手続きなり、代わりに部品とその対処方法なりを送るなり、早急に対応してください。いつまで待たせるつもりなんですか?失礼にも程があります!そして、今回の責任はきちんと何かしらの形で取っていただきます!」

その担当者、しどろもどろになっていました。うーん、私、言おうと思えば言えるのか?今まで全然言えなかったのに…。

「工事費を無料にって私の権限では出来ないんです。でも、1年間だけ利用料金を1500円割引します。それだと年間18000円の割引になります。工事費用の半分の費用です。僕の権限ではそれが限界です。それで、許して頂けませんでしょうか。そして、工事部には早急に対応するように伝えますので…。」

…やっと動いてくれた。

今まで大手の常套文句でたらい回しにされて何も動かなかったことが少し動いた。やった!

だから大きな会社はダメなんだよ!

…そう思ったのもつかの間、工事部から電話がかかってきたらやっぱり元の黙阿弥だった。

「追加工事の手配をいたします。○日の15時~17時までの間にお伺いいたします。それでいかがでしょうか?」…と担当者。

その日は就職訓練の日。家に帰宅予定は16時過ぎ。ちょっと無理だ…。

「すいません。その日は少し帰宅が遅くなるので、16時以降が良いのですが。」

「会社の規則でそのようなピンポイントのご予約は出来ない事になっています。」

だからー!

「でも、これってお宅の過失による工事じゃないですか。そこまで私も融通つけられないんです。そのくらいはどうにか融通つけて下さい。」

「それは私の一存では決めることが出来ませんので。」と担当者。

くっそー、負けないぞ。

「でも、それはあなた方の過失によるものなので、どうにかしてください。」突っぱねる。

…こんな押し問答が続く中、結局また「明日、確認してご連絡します。」

…あーーーーーーーーーー。

自分で直してやる‼‼‼

なかなか進まない工事にやきもきしながら、電話ジャックやらを自分でも随分調べたりしました。ホームセンターに問い合わせてたり、電気屋さんに相談したり…。

それでもやっぱりきちんとした解答が出ないでいたんです。でも、粘れば何とかなるもの。

問い合わせをしている3週間の間に、色々なお店を廻りに廻って…。

やっと大型電気屋さんの一つで「それってこれじゃないですか?」と。

昨日やっと答えが出ました‼

…結局部品って電話ジャックって名称じゃなかったよ。

これだったよ…。

電話ジャックって名称じゃなかったじゃん‼

分からない筈だわー。

そこで使い方を教えてもらって購入。

店員さんに「もし上手く行かなかったら交換するのでその時は連絡してくださいねー。頑張って!」と応援されてその場を後にしました。

家に帰って、ドライバー片手に取り付けます。恐る恐る電話機を握って自分の携帯電話に電話してみると…。

Trrrrrrrrrrrrrrrrrrrrr…。

あ、繋がった!

…こうして3週間ぶりに我が家の電話機が復興したのでした。

自分の家の電話からサポートセンターに連絡してみた

…こうしてやっとの事つながった電話機からサポートセンターに連絡をしました。

担当者を呼び出します。

「すいません。電話機、繋がりました。自分で調べ上げて、何とか対応しました。結局、私が対応した方が早く問題を解決できたという事は、あなた達が会社の上層部や他の部署と連携して状況を調べて、対応する時間の方が時間がかかったという事です。あなた方はそれだけ私の労力と時間を奪ったという訳ですよ。大きな損失です。今回の件での工事はとりあえず良いので、割引だけきちんと対応して下さい。そして二度とこのような事を他のお客様にしないように今後徹底して下さい、お願いします。」

それだけ伝えました。

担当者の人は、「本当に申し訳ございませんでした。今後このような事がないように気を付けます。割引の件もきちんと対応致しますので、今回はお許しください。」と。

…よし、筋は通した。色々大変だったけど、自分なりに納得した結果になった。

とりあえずそれで良しとしよう、毎月のインターネット代が1500円割引されるのだし。

私もなあなあにしないで事を解決することが出来た。自分の主張をきちんと通すことが出来た。

シングルマザーだからって、足元見られないぞ!

なめんなよ!(笑)

離婚するまで、相手ばかり尊重して、自分の気持ちに蓋をしていた私。

離婚して、自分に素直になろうと決めた私。

強くなろうと思った私。そうじゃなかったら家族なんて守れないもん!

 

puchiko.hatenablog.com

今回は、きちんとそれに向かいあう事が出来た。今度は就職でもきちんと自分の気持ちに正直になって、向かい合っていこう。

Puchiko、ちょっと前進。

 

 

ただいま、参加中!よろしかったら押してください。


シングルマザーランキング

にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村