Puchiko's Challenge! ~崖っぷち子の挑戦~

40代、バツイチ、子持ち、失業を持ち前根性で乗り越えるブログ

シンママだからこそ考える仕事へのリスクヘッジ ~離婚を言い訳にしない~

Puchikoです。

f:id:Puchiko:20170409051000p:plain

離婚をして現在、副業と正社員と…と様々な選択肢を模索中です。

子育てをしながら仕事をするとなると時間配分に気を配らなくてはいけません。

これって、子供がまだ手のかかる未就学児の間だけだと思ったら大間違いで、学校に入ったら入ったで「PTA」という壁が。学童保育も3年生まで。そんな事が結構壁になって正社員へのハードルが高くなってしまいます。これってシングルマザーには極めて重大な、生活を脅かしかねない要素になってしまいますよね…。かといって、毎回保護者会で皆で不幸自慢をして(母子家庭だから、介護があるから、仕事をしている、病気だ…)そのような仕事を回避するのもどうかと思ったり。これって結構高校まで続くものなのよね。そんな事だけ考えていたら40、50はすぐそこ。仕事なんてなくなってきてしまいます。そのような不測の事態にどう備えるか、どう対応していくか…

そこが一番の悩みどころです。

~だから…は通用しなくなってきている

今の家庭って、どんどん核家族化して、複雑になってきているような気がします。

今まで地域で賄えたような事が、子育てから介護までどんどん個人の家庭の中だけで対応しなくてはいけなくなってきて、個人の責任がどんどん大きくなってきている気がするのは気のせいでしょうか? 仕事にしてもそう。生涯雇用してもらえる…なんて昭和な考えは少しずつ通用しなくなってしまい、非正規雇用が増えるわ、リストラは増えるわ…。生涯を保障してもらえるものが減ってきてもいます。このような事をどのようにうまく回避したり両立していくかが現在の生活の課題。特に未だに介護や子育ては女性だというイメージが強いこの社会では、女性がやらないといけないものがとても多いです。PTAだって大抵女性がやるでしょ?未だに「男は仕事」「女は家庭」のイメージが強い証拠です。もう、そんな時代でもなくなってきているのにね…。 

…女だから、子供がいるからの言い訳をしない仕事の仕方を模索する

シングルマザーだからって社会の目は甘くありません。

反対に、雇う側から見たら厳しい時もあるかもしれません。

Puchikoも散々面接で苛められましたT_T

「子供が病気になった時、誰か面倒みてくれるの?」とか

「仕事に対して家庭の理解ってあるの?」とか。

反対にそういう面を積極的に考慮しますっていう会社は大抵叩かれます。時給安いです。

一度、子供が小さかった時に「子連れで働いていいから。」と言われ数日だけ無認可の保育園で子供と一緒に働いたことがありましたが、時給600円でした★

在宅だってそう。「家で出来るから…」という理由で、叩いてくる業者はたくさんいるのだな…というのが、在宅の仕事を探して思った第一印象。

まぁ、相手も慈善事業で人雇っている訳じゃないんでねー…。仕方ないのだけど。

時給=責任の重さ、仕事の価値の高さ…なのですよ。結局。

じゃあ、「女だから」「シングルだから」を言い訳にして諦めますか? そして、ずっと悩んで歳だけ重ねて余計自分の首を絞めますか? 本当に難しい決断です。

少しでも前に進まないと始まりません。

女性にとって良い働き方ってなんでしょうか?

頭が痛いPuchikoなのです…。

 

 

ただいま、参加中!よろしかったら押してください。


シングルマザーランキング

にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村