Puchiko's Challenge! ~崖っぷち子の挑戦~

40代、バツイチ、子持ち、失業を持ち前根性で乗り越えるブログ

シンママのタイムスケジュール ~意識改革を始めよう~

Puchikoです。

f:id:Puchiko:20170330194643p:plain

昨日、副業生活が少しづつ現実になりつつある話をしました。

でも、離婚したてで、すべてをこなさないいけない私には、今の生活を回すのにいっぱいいっぱいなのも現実です。

…いっぱいいっぱいの生活にもっと仕事を詰め込むとなると、何かウルトラCを考えなければいけません。そんな事いって何やったらいいのかなぁ…。とりあえず、今の生活を書き出してみました。

Puchikoの一日の生活を書き出してみた

Puchikoの平日のスケジュールはこんな感じ。

4時~5時     起床 

※起床目標は3時~4時なのですが、現実は4時起床、疲れている時は5時になってしまうことも^^;

4時~6時     ブログをやったり、仕事を探したりする時間

         洗濯を畳んだり等の家事をすることも。

6時~7時     朝ごはんを用意したり、弁当を作ったり。

         常備菜が無いときは、夕飯の下準備も。

7時~8時半    子供たちを起こす・朝食・洗濯・片付け

8時半~9時    準備・出社

         ※通勤中はアンケートサイトにひたすら答える

… 仕事 …

7時~7時半    帰宅・夕飯準備

7時半~8時    夕食

8時~10時    夕食片付け&家族の団らん、お風呂

         朝のブログの書き残しを仕上げることも。

10時       子供達と一緒に就寝。

※最近は、布団の中での親子の会話が弾んで11時過ぎまで子供達寝ないこともあります^^;そうすると付き合う私も必然的に寝れません★ 

 

休日は休日で、息子のバスケットチームの引率等があるし、そういう時は家を出る時間はもっと早くて、帰宅も夕方遅くなります。休日に溜まった家事を片付けようというのはちょっと無理があるような気がします。もし、その時間があったら少しでも仕事をしたい。だからと言って、子供との時間を削るのもどうかと思って。息子、ママっ子なんです。きっとママが大好きだって言ってくれるのって今だけなんだろうなぁ…。もう少しで思春期に入って、見向きもしなくなるんだろうな…。ただでさえ離婚をして情緒不安定になりやすい時なのに、無理にコミュニケーションの時間を削るってどうなんだろう…そう思ったら今は子供との時間を大事にしてあげたいなと考えました。じゃあ睡眠時間を削る? そうしたら健康も害してしまうかもしれないし、集中力がなくなって仕事のパフォーマンスも落ちてしまいます。…となると…。うーん、どうすればいいんだ???

 

やらなければいけないことを棚卸してみよう

…そもそも、家での仕事、どれだけあるんでしょう?

なんか何も考えないで、家事を進めていないかしら?

一つ一つの家事は時短を考えて行ってきたつもりだけど、実際にどれだけの時間を何に使っているのかって把握していない様な気がします。時間はお金のように目に見えないけれど、考えは家計簿と一緒かも?と思ってみました。とりあえず、実際に家の仕事ってどんな事があって、一つ一つの家事にどのくらいの時間をかけているのか、ちょっと書き出してみようと思います。それを一つ一つパズルみたいに組み合わせていったら、もしかしたら時間を節約出来るかもしれない??? こんなことを考えながらバケツの話を思い出しました。 バケツの話って知ってます? スティーブン R  コヴィー博士の「7つの習慣」の中の第3の習慣に出てくる話です。

 

お話はこんな感じ: 

バケツに石を一杯入れようとします。大きな石をバケツ一杯をいれて「あ、もう入らない!」と思うじゃないですか? でも、実は大きな石同志の間には空間があって、小さい石は入るんです。そこで小さい石を入れてみます。あ、もう今度こそ一杯!と思うでしょう?でも、まだまだ小さな隙間ってあるんです。その隙間に砂だったら入ります。…となると。最初に「もう一杯!」と思っていたら実は、小さい石と砂が入る余裕があった…という話です。 因みにこれは、小さい石や砂を先にいれると肝心な大きな石が入らなくなります。大きな石から入れるのがみそ。そうすると思ったよりも効率的に、たくさんのことが出来るようになるそうですよ。だから、まず大きな石の大きさを計ってみて、それから小さい石の大きさ、そして砂の大きさを計ってみよう…というそういう作戦。

とりあえず、明日から生活の棚卸。

どんな発見があるか、ちょっとウキウキ♬

よい方向に迎えるように頑張るぞー★

 

ただいま、参加中!よろしかったら押してください。


シングルマザーランキング

にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村