Puchiko's Challenge! ~崖っぷち子の挑戦~

40代、バツイチ、子持ち、失業を持ち前根性で乗り越えるブログ

離婚の事、周りには知らせる? ~離婚後の親戚付き合い~

Puchikoです。

 

今日は、父の13回忌でした。うちの父、仕事中に倒れてそのまま亡くなってしまってから12年が過ぎようとしています。丁度、私が下の子を妊娠中で、もうすぐ生まれる…なんて時で、倒れる2日前に父の誕生日を祝ったばかりでした。突然の出来事で、しかも出産間際だったので頭が混乱して大変だったのが昨日のように思い出されます。でもあれから長い月日が経って、あの時お腹にいた息子も、もうすぐ6年生です。早いなぁ…。

 

そんな法事でしたが、今回は元・旦那がいません。そのことを皆にどう説明しようか…。そもそもこんな事を改めて周囲に伝える必要があるのか?

 母のフライング

自分の母だけど、うちの母はかなり変わった人だと思います。

正直、未だに母をちゃんと理解することが出来ません^^;

典型的なB型?な良く言えば天真爛漫、悪く言えば自己中心的な母で、思ったことを言ったり、したりしないと気が済まない人です。そんな母が、離婚の状態を黙ってみている訳もなく…。事前に色々な人に言いふらしていたようなのですよ!!! うちの子が離婚しそうなんだけど、どうしよう!とか、離婚が決まったらしい!とか色々な人に…。 もう、噂発生器? そういえば、2年前に離婚の話が出た時には、私と弁護士事務所に一緒に行って、私の代わりに、弁護士との話をまとめようとしたり(いくら親子でも、これ、私の問題だから…^^;)、子供の学校に離婚する前に「離婚しそうです!」と連絡しちゃったり…。 もう色々あって、その収集作業と実際の離婚の話し合いと…と全てが上手くいかずに一度離婚を断念したことがありました。

今回もしかり。まあ、事実だから良いんですけど、そうなるとですね、予め、親族全員が離婚の事を知っているということになりまして、もう私が伝える・伝えないという問題ではなく、法事の場が親族への弁解大会になってしまう訳でして。子供だって、「離婚した子」と親戚から色眼鏡で見られたら居心地悪いのではないか…とか、内心ヒヤヒヤしておりました。

 

アホになるのは最大の武器

…実は娘もB型です^^; とってもマイペースで変な子ですw

どんなに変な子かというと、過去にお伝えした通り。

puchiko.hatenablog.com

その娘、この状況を知ってか知らぬか、相変わらず自分の世界を法事中に突っ走ります。

…まずお坊さんの読むお経を聞いて。

なんかさ、このお経、チョー低音が聞いてファンキーじゃね?新しいタイプのテクノみたいでウーバーな感じなんだけど。なんかテンション上がるわ―。

 うーん。私には彼女の言葉が理解出来ない。

このお坊さんのお経、若干普通のお経よりも早いし、ちょっと賑やかな感じはする。でも普通、お経聞いてテンション上がるかい? 「Yahooooooo!!」みたいな感じにはならないと思うんだけどな。

 

その後の会食。うちの娘、良く食べます。はい、良く食べるんです、恥ずかしい位に。しかもすっごく美味しそうに食べるんですわ、人が残したご飯さえも。

息子もケラケラ良く笑います。従弟達の面倒も良く見て、一緒に仲良く遊びます。

その様子を見てたら、誰も何も言いませんでした。

 

父親いなくてもさー、

親子仲良くてさー、

子供も笑ってれば、それでいいじゃん!

…そんな感じがにじみ出ている子供達。

私もつられて、会食中、終始笑っていました。

(そういう私もB型だw)

 

…一応、親族の人と二人きりになったり、ちょっと話す機会があった時には「この度離婚したので、色々お世話になる事もあると思いますが、精一杯頑張りますので今後ともよろしくお願いします。」と挨拶だけはしておきました。皆知っている筈なので。でも、そこにいた親族の方々は、一言「大変だけど頑張りなさい。」だけでした。きっと、子供達のアホさ加減を見て、それ以外は言えなくなったかと思われます^^; 

 

 結局人生、笑ったもん勝ち!

法事中、ずっとヘラヘラとアホな親子だった私達。(まぁ、いつもの事なのですが。)ずっと笑顔で過ごす事が出来ました。

帰ってから、娘がぽつり。

何だかんだ言ってもさー、誰が何て言っても、陰で悪く言ってようと、やったもん勝ち、言ったもん勝ちなんだよ。お父さんだって、ごねて結局私たちが何言おうと、どう思おうと、養育費も払わないで出て行った訳じゃん?人の目を気にせずごねた方が勝つんだよ。やりたい事、言いたい事言った方が勝ちなんだよ。だから、私も気にせずバカやるんだー。その方が得だから。 

 …なんか。娘はわざとテンション高かったのか?

このバカ加減は計算だったのか?

 

黒って色は、他の色で決して消すことは出来ないけれど、これが真っ暗闇だったら一筋の光を当てれば消すことが出来るんじゃないか?

うーんと光を当てれば、明るくなれば、消えるじゃない?

少し位の顔のシミだって、照明で飛ばして見えなくすることは出来る。

誰だって、一つや二つ、心に傷を持っているはず。

持っていない人がいるとしたら、それはただの飾り物の人生なだけ。

それをうまく隠すか隠さないかは笑うか笑わないかだけの差だけなんだ。

 

…娘の言葉を聞いて、ちょっとそんな事を考えた。

きっと彼女はそんな事を考えて、このような行動をとったのではないか…と。

 

…でも、うちの娘、家に帰ってからも相変わらずお経を口ずさみながら奇声をあげて踊っている…。

 

うーん、高校生、訳が分からない★

やっぱり、これが素?

 

でもさ、今回、ちょっと助けられた気がしたよ。

どうも有難う♪ これから頑張ろう!

 

ただいま、参加中!よろしかったら押してください。


シングルマザーランキング

にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村