Puchiko's Challenge! ~崖っぷち子の挑戦~

40代、バツイチ、子持ち、失業を持ち前根性で乗り越えるブログ

離婚協議書作成完了。判を押す。

 Puchikoです。

今朝、やっと話し合いが終わって、離婚協議書に判を押しました。

f:id:Puchiko:20170205131604p:plain

すったもんだしましたが、結局…

  • 家の名義は私に変更。
  • ローンの残債は私が返済。
  • 離婚後は養育費、その他の請求は今後もしない。
  • 年金その他の分与もなし。

…ということで合意しました。

旦那は最後まで「財産分与のところに養育費と慰謝料を込みと一文を入れて欲しい。」と主張してきましたが、それをすると、養育費一括となって多額な額に相当してしまうので、贈与税がかかるから辞めてほしいというところで揉めて…。でも、最終的に母親の資産まで影響するから、ローンの残債を消すだけで私の貯金が消えるだけでなく、(銀行では借りることがパート主婦ではできないので)色々な人に借金しないといけないから…。ということを伝え、それでも、その根拠を出せだの、Puchikoの言い方だとふあふあと曖昧で分からないだのなかなか縦に振らない旦那にしびれを切らした母が「今までだって私はあなたの味方をしてきたのに、最後くらいはすっきりしなさい。子供だって託して出ていくんでしょ。これからPuchikoだって、あなたのお金なしで頑張らないといけないのだから…。」と。…う、結局私一人で旦那を論破出来なかったorz。 最後の最後まで、結局平行線のままで終わってしまった…。くっそ★

…でも、考えてみたらこれだから結婚生活が上手く行かず、離婚までになったのかもしれない。

どこかしらでお互いの中に力関係があって、私はどうしてもその力関係から抜け出ることが出来なかった。相手はそれを認識していないと思うし、私を尊重してきたって言っているけど、裏切られたり、主張してもいつも却下されてきたりしているうちに、たとえ尊重してたとしても、私の中でも被害妄想が大きくなってきたっていうのもあるのかもしれない。もう、どう頑張っても信じることが出来なくなってしまってた。だから離婚になってしまった。

 

結局、理由が何であれ、双方の何かが欠落していて、上手くいかなかった、それだけなんだと思う。どっちが悪いっていうよりも、合わなかった。それだけ。(なんて言ったら「それだけかい!」って子供に怒られるかもしれないけれど。)我慢が足りなかったのかなぁ…とも思うけれど、でも相手の生活が見えないし、色々やらかした前科を考えると、不安が大きくなってそれこそ自分が精神的に参ってしまうまでになってしまった訳だし、離婚は仕方なかったと思うようにしました。

 

離婚って、どんなに相手が悪かったしても、やっぱり後で「自分がこうしてれば変わってたのではないか…。」とか思ったりして、その敗北感や惨めさって、経験した人じゃないと分からないよ…と離婚経験のあるママ友に言われたことがあるけれど、本当にそんな感じだー。でも、一度爆発して、離婚を切り出して2年経って、色々と気持ちの整理が出来た部分もあり、とにかく前に進まねば!と今は思っております。