Puchiko's Challenge! ~崖っぷち子の挑戦~

40代、バツイチ、子持ち、失業を持ち前根性で乗り越えるブログ

離婚準備と周りの反応と… ~自分の身近な人が敵に見える時もある~

広告

Puchikoです。

 

離婚までの道のりって、本当にストレスになるもので。

何回か言ったように、前向きな話ではないし、仲良いもの同士が話し合いをするわけではないので、感情的になって話し合いにならない時もあれば、お互いの見解が違くて相手を論破するための情報を調べてみたりで時間が掛かってしまいます。

 

相手は未だにこの家にいて、家庭内別居の形で生活をしています。

一緒に生活していても、食事も洗濯物も一緒じゃなければ、生活リズムも違うので

ほとんど顔を合わせることがありません。

旦那さん、この状態、ストレスじゃないのかな?

小さい部屋に閉じこもり切り、私がいないときに洗濯して、部屋でコンビニ弁当を食べて…。そんな旦那を横目で見ながら生活する私も子供たちもストレスです。

 

そしてこの状態は、周りにもとても奇異に見えるようです。

 私の優先順位としては、

  • 子供が極力この生活がストレスにならないように気を付けること。
  • 仕事を頑張ること。
  • 何より、この状況で自分にストレスがかかりすぎて過呼吸にならない様に気を付けながら乗り切ること。

…で、なるべく普段と変わらない生活を心がけているのですが、それが反対に離婚準備をしていることを知っている周りの人達の不安を煽るようで。

  • 結局、何だかんだいって離婚しないのではないのだろうか? 人騒がせな夫婦だ。
  • 準備のどこでつまずいているんだろう? 良い弁護士相談してあげた方がいいのかな?
  • 自分が代わりに相手に言ってあげようか?

…分かってます。これらはその人達からしたら全て善意で言っていることかもしれません。でも、状況って、見た目とは違う場合もあるんです。

何も進んでいないように見えても、お互い前に進むように努力はしているし、

相手も(多分)、自分の将来や人生に関わることだから、精一杯調べて対応しているのだろうし。(特に、不動産が絡んでくると、譲渡所得税とか贈与税とかの税金の問題も絡んでくるから慎重になっていると思うし。)見た目よりも簡単な問題ではないんです。

でも、もちろんそれって当人同志しか分からない問題だし、だからって周りに心配かけて良い理由にはならないのだけど、これっていくら身内だったとしても本人が乗り越えないといけない話だし、本当はもう少し辛抱強く見守って欲しいと感じてしまうのです。なるべく淡々と生活をしながら自分たちのペースでお互いの新しい人生に向けて準備させて欲しいな…と。ましてや状況が分からないでああだ、こうだ言われてしまうと話し合いの核の部分がぶれて分からなくなり、余計話が進まなくなってしまいます。これって周りを巻き込んでおいて我侭だとは思うのだけど。

 

しかし、今更ながら、結婚って2人だけの問題じゃないのね…。

離婚を意識し始めると離婚がどれだけの人に影響を与えるかを痛感させられる。